「アルピーヌA110S」にツートンカラーの限定車「ビトンリミテ」登場

2021.09.30 自動車ニュース
アルピーヌA110Sビトンリミテ
アルピーヌA110Sビトンリミテ拡大

アルピーヌ・ジャポンは2021年9月30日、「アルピーヌA110S」の特別仕様車「BI TON LIMITEE(ビトンリミテ)」を導入すると発表した。

ブルーアルピーヌM/ノワールプロフォンM
ブルーアルピーヌM/ノワールプロフォンM拡大
ブランイリゼM/ノワールプロフォンM
ブランイリゼM/ノワールプロフォンM拡大
ブルーアビスM/グリトネールM
ブルーアビスM/グリトネールM拡大
 
「アルピーヌA110S」にツートンカラーの限定車「ビトンリミテ」登場の画像拡大

アルピーヌA110Sビトンリミテは日本専用企画の限定車だ。ボディーとルーフがツートンカラーで塗り分けられたエクステリアは、アルピーヌF1チームのドライバーのアイデアを基にデザインされた、同チームがヨーロッパで移動に使う「トラックサイドカー」に着想を得ているという。

ボディーカラーとルーフカラーの組み合わせは「ブルーアルピーヌM/ノワールプロフォンM」「ブランイリゼM/ノワールプロフォンM」「ブルーアビスM/グリトネールM」の全3タイプ。受注生産となっており、3タイプ合計で24台のみが販売される。

このほかエクステリアには「GTレース18インチアロイホイール(ブリリアントブラック)」やレッドキャリパー、トリコロールエンブレムが備わっている。

インテリアではドアトリムにトリコロールエンブレムがあしらわれるほか、各ステッチとステアリングセンタートリムにブルーを採用。パイオニア製のカーナビゲーションも装備する。

価格はブルーアルピーヌM/ノワールプロフォンMが906万円でブランイリゼM/ノワールプロフォンMとブルーアビスM/グリトネールMが916万円。2021年9月30日の11時から先着順で購入申し込みを受け付ける。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「アルピーヌA110S」にツートンカラーの限定車「ビトンリミテ」登場 2021.9.30 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年9月30日、「アルピーヌA110S」の特別仕様車「BI TON LIMITEE(ビトンリミテ)」を導入すると発表した。日本専用に企画されたの全24台の限定車となっており、特別なツートンのボディーカラーを特徴としている。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2021.10.20 試乗記 マイナーチェンジしたジャガーのハイパフォーマンスSUV「FペースSVR」に試乗。同社のビスポーク部門、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)が強化したパワーユニットやシャシー、個性的な内外装の仕上がりを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る