ホンダがオンラインストア「Honda ON」を開設 四輪新車のウェブ販売をスタート

2021.10.04 自動車ニュース
「Honda ON」では、新車購入にまつわるすべての手続きがスマートフォンで行える。
「Honda ON」では、新車購入にまつわるすべての手続きがスマートフォンで行える。拡大

本田技研工業は2021年10月4日、国内の自動車メーカーとしては初となる四輪新車オンラインストア「Honda ON(ホンダオン)」を開設し、同日、東京都内より新車の取り扱いを開始した。

 
ホンダがオンラインストア「Honda ON」を開設 四輪新車のウェブ販売をスタートの画像拡大
 
ホンダがオンラインストア「Honda ON」を開設 四輪新車のウェブ販売をスタートの画像拡大
 
ホンダがオンラインストア「Honda ON」を開設 四輪新車のウェブ販売をスタートの画像拡大

販売形態はいわゆる“サブスクリプション”

Honda ONは「お客さまの期待を超える自動車購買UX(ユーザーエクスペリエンス)」をコンセプトとしたホンダの新車オンラインストアであり、運営は2021年4月に設立された本田技研工業の100%子会社ホンダセールスオペレーションジャパンが行う。

新車購入にまつわる商談、見積もり、買取車の査定、契約、さらには自動車保険の手続きに至るまで、一部書類の郵送を除くとすべてがスマートフォンを介してオンライン上で可能となっており、契約後はストア内でのユーザー評価を参考に、納車やその後のメンテナンスを受けるHonda Carsの店舗を選択。車両を受け取る仕組みとなっている。

販売の形態は、個人向けリースのサブスクリプション。月額利用料にはカーナビなどの基本的なオプション費用や、自動車税、点検・車検・交換部品などのメンテナンス費用などがすべて含まれており、軽スーパーハイトワゴンの「N-BOX」であれば、月額3万1060円から利用が可能だ。またHonda ONのサービスでは、期間満了前の利用の終了や、乗り換え、買い取りが可能となっている点も特徴で、「オンラインで購入する不安をできるだけ払拭(ふっしょく)し、気軽にお選びいただけるサービスとなっている」(報道資料より)という。

スマートフォンに特化したUIとラインナップで利便性を向上

オンラインストアの設計については、スマートフォンに特化したUI(ユーザーインターフェイス)とすることで、携帯端末に慣れ親しんだ若者世代のユーザーにとっても使い勝手がよく、直感的な操作が可能なものを追求。利用中に疑問が生じた際には、Honda ONコンタクトセンターのオペレーターに、チャットで365日いつでも相談することができる(ただし有人受付時間は年中無休で午前11時から午後8時までとなる)。

またラインナップされるモデルやその仕様についても、小さな画面のスマートフォンで迷わず選択できるよう、人気の車種やタイプ、オプションに絞ってプランを設定。ストア内には各車種に関するSNS上での“口コミ”を集めたUGC(ユーザー生成コンテンツ)も表示され、他のユーザーの評価を参考にしながら自分のクルマを選定できる。

現状でラインナップされるモデルは「N-BOX」「フィット」「フリード」「ヴェゼル」の4車種。納車拠点も東京都内のHonda Cars 84拠点に限られているが、ホンダでは2022年以降、順次選択可能なエリアを拡大し、また車両の購入方法についても選択肢を拡充していくとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事