「ホンダCB1100」の最後を飾る「ファイナルエディション」登場

2021.10.08 自動車ニュース
ホンダCB1100 EXファイナルエディション(キャンディークロモスフィアレッド)
ホンダCB1100 EXファイナルエディション(キャンディークロモスフィアレッド)拡大

本田技研工業は2021年10月8日、大型ネイキッドバイク「ホンダCB1100」の特別仕様車「CB1100 EXファイナルエディション」「CB1100 RSファイナルエディション」を発表した。同日から同年11月30日までの期間限定で予約の受け付けが行われ、CB1100 RSファイナルエディションは同年10月28日に、CB1100 EXファイナルエディションは同年11月25日にデリバリーが始められる。

CB1100 EXファイナルエディション(ダークネスブラックメタリック)
CB1100 EXファイナルエディション(ダークネスブラックメタリック)拡大
CB1100 RSファイナルエディション(マットジーンズブルーメタリック)
CB1100 RSファイナルエディション(マットジーンズブルーメタリック)拡大
CB1100 RSファイナルエディション(マグナレッド)
CB1100 RSファイナルエディション(マグナレッド)拡大

2010年3月にデビューしたホンダCB1100は、伝統的なスタイリングと大排気量の空冷4気筒エンジンを特徴とするオートバイ。今回のファイナルエディションをもって、およそ11年半にわたるモデルライフを終えることになる。

このうちCB1100 EXファイナルエディションには深みのある赤の「キャンディークロモスフィアレッド」と、ベーシックなたたずまいを醸し出す「ダークネスブラックメタリック」の車体色を設定。前後フェンダーをクロームメッキ仕上げとすることで、トラディショナルなイメージが強調されている。

スポーティーなネイキッドスタイルを特徴とするCB1100 RSファイナルエディションの車体色は、「マットジーンズブルーメタリック」と「マグナレッド」。前者にはブラウンのシートとブラウンゴールドのホイールが、後者にはブラックのシートとブラウンゴールドのホイールが組み合わされる。

また両モデルとも、燃料タンク上面に「Final Edition」の文字をあしらった専用ステッカーが添えられる。

価格は以下の通り。

  • CB1100 EXファイナルエディション:136万2900円
  • CB1100 RSファイナルエディション:140万3600円

(webCG)

関連キーワード:
CB1100, ホンダ, バイク, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダCB400スーパーフォア(6MT)【レビュー】 2021.8.15 試乗記 サーキットを沸かせ、教習所のバイクとしても親しまれてきた「ホンダCB400スーパーフォア」に、いよいよ生産終了のうわさが……。長年にわたりファンに親しまれてきた“ホンダの名車”を公道に連れ出し、あらためてその奥深さを味わった。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • MTは当面お預け!? 新型「スバルWRX」の国内仕様を読み解く 2021.9.29 デイリーコラム 2021年9月10日に北米で発表された新型「スバルWRX」は2.4リッターのターボエンジンを搭載しているが、国内向けは一体どのような仕様になるのだろうか。「レヴォーグ」と同じ1.8リッターを積むという声も聞こえてくるが、果たして……。
ホームへ戻る