三菱が新型「アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデルのデザインを公開

2021.10.14 自動車ニュース
新型「三菱アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデル。
新型「三菱アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデル。拡大

三菱自動車工業は2021年10月14日、同年12月中旬に発売を予定している新型「アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデル(PHEV)のデザインを公開した。

 
三菱が新型「アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデルのデザインを公開の画像拡大
 
三菱が新型「アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデルのデザインを公開の画像拡大
 
三菱が新型「アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデルのデザインを公開の画像拡大

新型アウトランダーは機能を力強く表現した三菱独自のSUVデザインをベースに、新たなコンセプト「BOLD STRIDE」を採用。堂々とした存在感のあるたたずまいと大地を踏みしめる力強さ、新しい一歩を踏み出す頼もしさを全身で表現したという。

エクステリアでは三菱独自のフロントマスク「ダイナミックシールド」を新世代化し、存在感のあるフロントデザインに。フロントからリアエンドまでを厚みのある水平基調のプロポーションとし、張りのある面構成のボディーにエッジの効いたキャラクターラインを加えている。力強く頼もしい走りをイメージさせるという20インチの大径ホイールとそれを包むフェンダーフレアも見どころだ。リアまわりでは塊から削り出したような六角形の面を持つテールゲートとボディーの両端まで広がるテールランプが特徴となっている。

ボディーカラーは「ホワイトダイヤモンド」「レッドダイヤモンド」の既存の“ダイヤモンドカラー”シリーズに、新たに「ブラックダイヤモンド」を設定。これらを中心とした全10色をラインナップする。

上質な空間を目指したというインテリアには走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインストゥルメントパネルを採用。ドアトリムにはソフトパッドを広範囲にわたって採用したほか、多くのパッドにステッチをあしらっている。モニターやメーターは視認性に、セレクターやダイヤル、スイッチ類は操作時の節度感にこだわり、視覚だけでなく触覚にも訴える品質を追求している。

新型三菱アウトランダーのPHEVは、2021年10月28日の12時半にスペシャルウェブサイトのオンライン発表会で正式発表される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, アウトランダー, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • BMWインディビジュアルの外装色をまとった「118dインディビジュアルエディション」登場 2021.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2021年10月20日、コンパクトカー「BMW 118dプレイ エディションジョイ+」をベースに、特別な内外装を組み合わせた限定車「BMW 118d Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を発表し、180台の台数限定で販売を開始した。
  • キャデラック・エスカレード スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.10.18 試乗記 かの地のセレブリティーの間で圧倒的な人気を誇るキャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」。日欧の高級SUVとは一線を画すその魅力は、全面刷新を受けて登場した新型でも健在か? アメリカが生んだ唯一無二のラグジュアリーカーを試す。
ホームへ戻る