「レクサスLS」の一部改良モデル発売 乗り心地と静粛性をさらに向上

2021.10.28 自動車ニュース
レクサスLS500h“エグゼクティブ”アドバンストドライブ
レクサスLS500h“エグゼクティブ”アドバンストドライブ拡大

トヨタ自動車は2021年10月28日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」を一部改良し、販売を開始した。

 
「レクサスLS」の一部改良モデル発売 乗り心地と静粛性をさらに向上の画像拡大

今回の一部改良では「LSの原点」(プレスリリースより)である静粛性と乗り心地のさらなる向上に加えて、運転支援システムの性能向上を図っている。

標準装備の19インチタイヤをランフラットから新開発のノーマルタイヤに変更。走りの上質感とともに、乗り心地と静粛性の向上にも寄与するという。なお、ニーズに合わせて選択できるよう、ランフラットタイヤはメーカーオプションとして設定した。

予防安全パッケージ「レクサスセーフティーシステム+A」のレーントレーシングアシストは、システム制御の改良によってセンタートレース性を高めている。

高速道路や自動車専用道路の本線上で使える高度運転支援技術「レクサスチームメイト[アドバンストドライブ]」搭載車の性能向上も実現。周辺車両への配慮として、追い越し時に側方間隔確保機能をより積極的に作動するように制御を変更した。例えば大型車を追い抜く際に車線内で少し右に寄るなど、よりドライバーの意思に寄り添った運転支援を実現している。車線変更支援作動範囲も拡大しており、被合流区間から区間外へのレーンチェンジ時にアシストを受けられるようになった。また、視認性向上を目的に、アドバンストドライブ作動時のメーターグラフィックを一部変更。さらに、将来的な性能向上に備えて車両の左右と後方にもLiDARセンサーを追加している(これまでは前方のみ)。今回の性能向上の内容はすでに納車済みのアドバンストドライブ搭載車両にも無線通信によるソフトウエアアップデートで提供されるほか、車両の左右と後方のLiDARセンサーも販売店で追加装着できるようになるという。

このほか、LS全車で車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」を「ナノイーX」に進化させたほか、リアシートリマインダーを標準装備に。“バージョンL”には“マークレビンソン”リファレンス3Dサラウンドサウンドシステムを標準装備化し、“Fスポーツ”にはオレンジブレーキキャリパー(フロント/リア「LEXUS」ロゴ)をオプション設定している。ハイブリッドの「LS500h」にはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W、非常時給電システム付き)を標準装備としている。

価格は「LS500」が1071万円~1578万円で、LS500hが1222万円~1792万円。

(webCG)

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース