トヨタが「カローラレビン」「スプリンタートレノ」のパーツを復刻

2021.11.01 自動車ニュース
トヨタ・カローラレビン
トヨタ・カローラレビン拡大

トヨタ自動車は2021年11月1日、「GRヘリテージパーツプロジェクト」としてAE86型「カローラレビン」「スプリンタートレノ」の一部パーツを復刻・販売した。

スプリンタートレノ
スプリンタートレノ拡大
リアブレーキキャリパー
リアブレーキキャリパー拡大
ステアリングナックルアーム
ステアリングナックルアーム拡大
リアドライブシャフト
リアドライブシャフト拡大

今回発売されたパーツは以下の通り。リアのドライブシャフトについては同年12月1日に発売される。

  • 2021年11月1日発売:リアブレーキキャリパー、ステアリングナックルアーム
  • 2021年12月1日発売:リアドライブシャフト

いずれも通常の純正部品と同様にトヨタの販売店で購入できるようになるが、サプライヤーの協力による限定生産のため、工場での生産期間終了後は在庫限りでの販売となる。

このプロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というユーザーの思いに応えるべく、既に廃番となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売するもの。これまでA70型/A80型「スープラ」、「トヨタ2000GT」、40系「ランドクルーザー」についても同様の取り組みが実施されている。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ, トヨタ, 自動車ニュース