ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジ

2021.12.13 自動車ニュース
ジープ・グランドチェロキーL
ジープ・グランドチェロキーL拡大

FCAジャパンは2021年12月13日、「ジープ・グランドチェロキー」の新型を国内導入し、2022年2月19日に発売すると発表した。

 
ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジの画像拡大
 
ジープの旗艦「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジの画像拡大

ジープブランドのフラッグシップSUVであるグランドチェロキーが10年ぶりのフルモデルチェンジを受けた。新型ではロングボディーに3列シートを備えた「グランドチェロキーL」を初設定。国内でのジープブランドのさらなる勢力拡大をもくろんでいる(ローンチ時は2列目シート車の設定なし)。

ラインナップは2+3+2シートで7人乗りの「リミテッド」と、2列目がキャプテンシートになる6人乗りの上級グレード「サミット リザーブ」の全2種類。最高出力286PS/最大トルク344N・mの3.6リッターV6エンジンと8段AT、「クォドラトラックII」4WDシステムからなるパワートレインは全車共通となっている。WLTCモードの燃費値は7.7km/リッター。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5200×1980×1815or1795mm。2列シート車のみだった先代モデルと単純に比較すると全長が300mm以上拡大している。ジープのラグジュアリーSUVの草分けである1963年デビューの「ワゴニア」にインスピレーションを得たというエクステリアは、ロングノーズのプロポーションやベルトラインを抑えることで実現した広大なキャビン、逆スラントのノーズが特徴。フロントにはパワートレインの冷却状況に応じてフラップを自動制御するアクティブグリルシャッターを採用している。

水平基調のインストゥルメントパネルで横方向の広がりを強調するとともに、本物のウッドやメタルパーツを重ね合わせたレイヤー構造とすることで上質感を演出。10.1インチのタッチスクリーンには第5世代の「Uconnect」システムを採用し、アイシン製のカーナビゲーションを標準装備。「Apple CarPlay」と「Android Auto」にも対応する。ATセレクターはジープ初となるロータリー式を採用。セレクターの周囲には路面状況に合わせてドライブモードを変えられる「セレクテレイン」や車高調整のスイッチがレイアウトされる。

運転支援機能はサラウンドビューカメラとヘッドアップディスプレイ、ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロール、歩行者とサイクリストも検知可能な衝突被害軽減ブレーキ等を全車に標準装備。サミット リザーブには車線維持支援機能やナイトビジョンなども搭載される。

ボディーカラーは「ダイヤモンドブラッククリスタル」「ヴェルヴェットレッド」「バルティックグレーメタリック」「ブライトホワイト」の全4種類。サミット リザーブでバルティックグレーメタリックを選んだ場合はルーフがブラック仕上げとなる。

価格はリミテッドが788万円でサミット リザーブが999万円。

(webCG)

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース