スズキ、MRワゴンにアイドリングストップ搭載

2011.03.10 自動車ニュース

スズキ、「MRワゴン」にアイドリングストップシステム搭載車を追加

スズキは2011年3月10日、軽乗用車「MRワゴン」にアイドリングストップ機構搭載車を追加し、発売した。

2011年1月20日にデビューした3代目「MRワゴン」に、今回、「X アイドリングストップ」が追加設定された。

これは、NA車の上級グレード「X」のFFモデルにアイドリングストップ機構が搭載されたもの。さらに、坂道などでアイドリングストップが作動した時などに後退を抑制する、ヒルホールドコントロール機能の付いた「ESP」(横滑り防止機能)も標準装備される。

注目の燃費(10・15モード)は、「X」の25.5km/リッターから、27km/リッターへと向上している。

他のグレード同様に、タッチパネル式オーディオ装着車とオーディオレス仕様車が用意され、価格は、前者が131万400円、後者は125万7900円。ともに、「X」の9万4500円高に設定された。

(文=滝本智志)


「スズキMRワゴン X アイドリングストップ」
「スズキMRワゴン X アイドリングストップ」 拡大

スズキ、MRワゴンにアイドリングストップ搭載の画像 拡大

スズキ、MRワゴンにアイドリングストップ搭載の画像 拡大

関連キーワード:
MRワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ MRワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • よりスポーティーに快適に ヤマハの新型ツアラー「トレーサー9 GT ABS」登場 2021.6.23 自動車ニュース ヤマハ発動機は2021年6月22日、新型バイク「TRACER(トレーサー)9 GT ABS」を発表した。フルモデルチェンジしたロードスポーツ「MT-09 ABS」のエンジンや車体をベースとしながら、スポーツツアラーとしての性能が追求されている。
  • 新型「インディアン・チーフ」のパフォーマンスに触れる 2021.6.14 Indian Chief 100年目の進化と継承<AD> 100年の歴史を数える、アメリカの伝説的モーターサイクル「インディアン・チーフ」。節目となる年に登場した新型は、私たちにどのような走りを見せてくれるのか? “パフォーマンスクルーザー”カテゴリーを面白くする、インディアン渾身の一台を味わった。
  • スズキが「アルト」「アルト ラパン」を仕様変更 グレードラインナップを見直し 2020.10.14 自動車ニュース スズキは2020年10月14日、軽乗用車「アルト」および「アルト ラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。今回は装備内容の変更に加えて、グレード構成の見直しを実施している。
ホームへ戻る