ツーリングも普段使いもお任せあれ ホンダが新型スポーツツアラー「NT1100」を発表

2021.12.17 自動車ニュース
ホンダNT1100
ホンダNT1100拡大

本田技研工業は2021年12月17日、新型の大型スポーツツアラー「NT1100」を2022年3月17日に発売すると発表した。

 
ツーリングも普段使いもお任せあれ ホンダが新型スポーツツアラー「NT1100」を発表の画像拡大
 
ツーリングも普段使いもお任せあれ ホンダが新型スポーツツアラー「NT1100」を発表の画像拡大
 
ツーリングも普段使いもお任せあれ ホンダが新型スポーツツアラー「NT1100」を発表の画像拡大

走りと装備の両面から快適性と多機能性を追求

ホンダNT1100は、普段使いでの扱いやすさと長距離走行時の快適性を追求した、ツアラーやスポーツツアラーと呼ばれるジャンルの大型二輪モデルである。アップライトなライディングポジションや充実した装備が特徴で、さまざまな用途に使える多機能なモデルとなっている。

エンジンは排気量1082ccの水冷4ストローク直列2気筒OHCで、低回転域でも力強いトルク特性と、高回転までスムーズに回るフィーリングを追求。変速機にはクラッチレバーとチェンジペダルによる変速操作を自動化した、6段デュアルクラッチ式トランスミッションを採用している。

電子制御も充実しており、前輪の浮き上がりと後輪のスリップを緩和する「Hondaセレクタブルトルクコントロール」や、「TOUR」「URBAN」「RAIN」「USER」の4つの走行モードを備えたライディングモードセレクターを標準装備。快適性と安全性の向上を図っている。

一方、車体については高速巡航時の安定性と市街地などでの軽快さを両立するべく、主要パーツの配置を工夫してマスを集中化。足まわりでは、フロントにショーワ(日立Astemo)の倒立フォーク「SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)」を、リアにシングルチューブ分離加圧式のショックを採用しており、優れた路面追従性がもたらす上質な乗り心地を実現しているという。

さらに、快適性や足つき性を考慮して、シートの形状やクッションの厚みなどを最適化。大型のウインドスクリーンは高さと角度を5段階で調整でき、ディフレクターとの組み合わせで高い防風性能を発揮するとしている。

このほかにも、快適装備としてApple CarPlayやAndroid Autoといった携帯端末との連携機能を持つ、6.5インチタッチパネル式TFTフルカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを採用。長距離ツーリングの快適性を高めるべく、ETC2.0車載器やクルーズコントロールも標準装備している。

カラーリングは「マットイリジウムグレーメタリック」と「パールグレアホワイト」の2種類を設定。価格はいずれも168万3000円。

(webCG)

関連キーワード:
NT1100, ホンダ, バイク, 自動車ニュース