「アルピーヌA110」がマイナーチェンジ 最高出力300PSのエンジンを採用

2022.01.14 自動車ニュース
アルピーヌA110
アルピーヌA110拡大

アルピーヌ・ジャポンは2022年1月14日、「アルピーヌA110」のマイナーチェンジモデルを国内導入し、同年2月10日に注文受け付けを開始すると発表した。

A110 GT
A110 GT拡大
A110 S
A110 S拡大

アルピーヌA110のマイナーチェンジモデルではラインナップを「A110」「A110 GT」「A110 S」の3グレードに刷新。A110 GTとA110 Sにはこれまでよりもパワフルな最高出力300PS、最大トルク340N・mを発生する1.8リッター直4ターボエンジンを搭載する。このほか車載インフォテインメントシステムが「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応(全車)したのもトピックだ。

各グレードの主な特徴は以下の通り。
【A110】
オリジナルアルピーヌの特質を色濃く引き継ぐグレード。俊敏性と快適性をバランスさせ、正確なハンドリングをもたらす「アルピーヌシャシー」は、スプリングレートがフロント:30N/mm、リア:60N/mmで、ダンパーにはバンプストップラバーを廃したハイドロリック・コンプレッション・ストップを採用。アンチロールバーの剛性はフロントが17N/mm、中空構造のリアが10N/mmとなっている。

【A110 GT】
グランドツーリングを楽しむためのグレード。最高出力300PSの余裕あるエンジンパワーとアルピーヌシャシーの組み合わせは、ロングドライブを快適にするベストバランスをもたらす。内装にはレザーシートに加えて、カーボンやアルミのパーツを採用。フォーカル製軽量4スピーカー+軽量サブウーファーのサウンドシステムも装備する。

【A110 S】
クローズドコースでのパフォーマンスを追求したグレード。シャシースポールは、スプリングレートがフロント:47N/mm 、リア90N/mmに強化され、ダンパーもそれに応じてチューニングされている。アンチロールバーの剛性もフロント:25N/mm、リア:15N/mmに強化。また、最低地上高が4mm低められ(※数値は欧州参考値)、車両重心の最適化を図っている。

ボディーカラーは「ブラングラシエ」「ブルーアルピーヌM」に加えて、A110 GT専用の「ブルーアビスM」とA110 S専用の「ブランイリゼM」をラインナップする。

価格は以下の通り。

  • A110:811万円
  • A110 GT:893万円
  • A110 S:897万円

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース