大型リアスポイラーを装備した「アルピーヌA110 Sアセンション」限定発売【東京オートサロン2022】

2022.01.14 自動車ニュース
「東京オートサロン2022」の会場に展示された「アルピーヌA110 Sアセンション」。
「東京オートサロン2022」の会場に展示された「アルピーヌA110 Sアセンション」。拡大

アルピーヌ・ジャポンは2022年11月14日、「アルピーヌA110」の特別仕様車「A110 Sアセンション」を30台の台数限定で国内導入すると発表した。同年2月10日に注文受け付けを開始する。

 
大型リアスポイラーを装備した「アルピーヌA110 Sアセンション」限定発売【東京オートサロン2022】の画像拡大
 
大型リアスポイラーを装備した「アルピーヌA110 Sアセンション」限定発売【東京オートサロン2022】の画像拡大
 
大型リアスポイラーを装備した「アルピーヌA110 Sアセンション」限定発売【東京オートサロン2022】の画像拡大
 
大型リアスポイラーを装備した「アルピーヌA110 Sアセンション」限定発売【東京オートサロン2022】の画像拡大
 
大型リアスポイラーを装備した「アルピーヌA110 Sアセンション」限定発売【東京オートサロン2022】の画像拡大

アルピーヌA110 Sアセンションのベース車は最高出力300PSの1.8リッター直4ターボエンジンを搭載し、クローズドコース志向の「シャシースポール」を採用した「A110 S」。その性能を最大限に引き出すための空力パーツ等を装備する。

カーボン製のフロントスプリッター&リアスポイラー、さらにエクステンデッドアンダーパネルで構成されるエアロキットにより、最大ダウンフォース量はフロントで60kg、リアで81kg増加。空気抵抗低減効果によって最高速が260km/hから275km/hにアップしている。タイヤはフロントが215/40R18、リアが245/40R18で、セミスリックタイプの「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」を履く。

アルミとカーボン、マイクロファイバーでコーディネートしたインテリアはレーシーなデザインに。オレンジのステッチやシートベルトが特別なモデルであることを主張する。サベルト製のモノコックバケットシートには6点式のレーシングハーネスを装着するためのアダプターが付属している。

ボディーカラーは「ブルーアルピーヌM」「オランジュフーM/ノワールプロフォンM」が各限定15台ずつの設定。価格は1059万円。

(webCG)

東京オートサロン2022の記事一覧はこちら

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 東京オートサロン2022, 自動車ニュース