「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」に「Ti」を冠する新グレード登場

2022.03.22 自動車ニュース webCG 編集部
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4 Ti(写真はすべて欧州仕様車)
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4 Ti(写真はすべて欧州仕様車)拡大

ステランティス ジャパンは2022年3月22日、SUV「ステルヴィオ」の仕様変更と、新グレード「Ti(正式名:2.2ターボ ディーゼルQ4 Ti)」の国内導入を発表した。いずれも同年4月16日に販売が開始される。

ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4 Ti
ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4 Ti拡大
「Ti」グレードに装着される5ホールデザインの20インチホイール。
「Ti」グレードに装着される5ホールデザインの20インチホイール。拡大
チョコレート色のシートを選択した「Ti」グレードのインテリア。ベースのインテリアカラーはブラックとなっている。
チョコレート色のシートを選択した「Ti」グレードのインテリア。ベースのインテリアカラーはブラックとなっている。拡大
ステルヴィオ2.9 V6バイターボ クアドリフォリオ
ステルヴィオ2.9 V6バイターボ クアドリフォリオ拡大
新たにスパルコ製カーボンバケットシートを採用した「ステルヴィオ2.9 V6バイターボ クアドリフォリオ」のインテリア。
新たにスパルコ製カーボンバケットシートを採用した「ステルヴィオ2.9 V6バイターボ クアドリフォリオ」のインテリア。拡大

今回新たに設定されたTiは、「ステルヴィオに元来備わるスポーツ性能と上質さを併せ持つ」とされる、ディーゼル仕様の新グレードで、グランドツアラーらしい性格が特徴とされている。車名の“Ti”は「Turismo Internazionale」の頭文字をとったもので、過去にはアルファ・ロメオの高性能車に与えられてきた。

エクステリアは、ボディー同色のエクステリアミラーハウジングや、新デザインの5ホール/20インチアルミホイールがポイント。一方インテリアは、ステルヴィオのなかで唯一となるグレーオークのウッドパネルや、ナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付き)を装備する。シート色はブラックのほか、専用のチョコレート色が選択可能となっている。

機能的な装備については、オートハイビーム機能付きのバイキセノンヘッドライト、ステアリングヒーター付きスポーツレザーステアリングホイール、ナビゲーションシステムなどが標準で備わるほか、トラフィックジャムアシストやハイウェイアシストシステムなど、運転支援装置も充実している。

またステルヴィオについては、他のグレードも仕様変更が実施されている。全⾞、ルーフレールレス仕様となりクーぺのようなルーフラインが強調されたほか、「ヴェローチェ」にはボディー同色のエクステリアミラーハウジングや新デザインの21インチアルミホイールを装着。さらにリミテッドスリップディファレンシャル(LSD)が搭載され、スポーツ性能が強化された。

2.9リッターV6エンジンを搭載する「クアドリフォリオ」については、21インチの専用アルミホイールやブラックテールライト、レザー/アルカンターラステアリングホイール、優れたホールド性と快適性を両立させるというスパルコ製カーボンバケットシートの採用により、プレミアム性とダイナミック性能の強化が図られた。

ステルヴィオの新たなラインナップと価格は以下のとおり。

  • 2.2ターボ ディーゼルQ4 Ti:680万円
  • 2.2ターボ ディーゼルQ4ヴェローチェ:730万円
  • 2.0ターボQ4ヴェローチェ:771万円
  • 2.9 V6バイターボ クアドリフォリオ:1338万円

(webCG)

関連キーワード:
ステルヴィオ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース