【F1 2022】第5戦マイアミGPでフェルスタッペンが今季3勝目

2022.05.09 自動車ニュース

F1世界選手権第5戦マイアミGPの決勝が、2022年5月8日、アメリカはフロリダ州に新設されたマイアミ・インターナショナル・オートドローム(5.41km)を57周して行われた。

優勝は、レッドブルRBPTのマックス・フェルスタッペン。予選3位からのスタートで2位となり、程なくしてトップを奪ってレースをリードし続け、セーフティーカーのあとの接戦も制し、今シーズン3勝目、通算23勝目を飾った。さらにファステストラップも記録してボーナスの1点も持ち帰った。

2位はフェラーリのシャルル・ルクレール。ポールポジションからレースをリードするも、フェルスタッペンの追撃に屈し2位。終盤にセーフティーカーでギャップが縮まったが、それでもレッドブルの壁は厚かった。

3位はフェラーリのカルロス・サインツJr.。前戦のエミリア・ロマーニャGPでクラッシュしリタイア、この週末もプラクティス中にマシンをウォールにヒットさせるなど負のスパイラルに落ちかけたが、レースでは最前列から3位フィニッシュと、なんとか持ち直した。

レッドブルのセルジオ・ペレスは、サインツJr.を攻略できずスタート順位と同じ4位でゴールした。メルセデス勢は、ジョージ・ラッセル5位、ルイス・ハミルトン6位。12位スタートのラッセルは、ピットストップを引き伸ばし、セーフティーカーのタイミングでポジションを上げた。

アルファ・ロメオ・フェラーリのバルテリ・ボッタスは、ドライビングミスでメルセデスの2台に先を越され7位。プラクティス中のクラッシュで最後尾スタートとなったアルピーヌ・ルノーのエステバン・オコンは8位まで挽回しフィニッシュ、そのチームメイトのフェルナンド・アロンソは9位だった。そしてウィリアムズ・メルセデスのアレクサンダー・アルボンが10位でチェッカードフラッグを受け、最後の1点を獲得した。

以下、11位ランス・ストロール(アストンマーティン・メルセデス)、12位角田裕毅(アルファタウリRBPT)、13位ダニエル・リカルド(マクラーレン・メルセデス)、14位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、15位ミック・シューマッハー(ハース・フェラーリ)、16位ケビン・マグヌッセン(ハース)、17位セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が完走となった。

ドライバーズチャンピオンシップは、1位ルクレール104点、2位フェルスタッペン85点で差は19点に縮まった。ランキング3位のペレスは66点、4位ラッセル59点、5位サインツJr.53点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位フェラーリ157点、2位レッドブル151点、3位メルセデス95点、4位マクラーレン46点、5位アルファ・ロメオ31点という上位陣の顔ぶれである。

【追加更新】
レース後、9位でフィニッシュしたアロンソに5秒加算のペナルティーが科された。コースを外れたことでアドバンテージを得たというのが処罰の理由で、アロンソは11位に降格。代わってストロールが10位入賞となった。

(文=bg)

 
【F1 2022】第5戦マイアミGPでフェルスタッペンが今季3勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2022, モータースポーツ, 自動車ニュース