「モーガン・プラスフォー」に1962年のルマン優勝記念モデル「1962エディション」登場

2022.09.22 自動車ニュース
モーガン・プラスフォー1962エディション
モーガン・プラスフォー1962エディション拡大

英モーガンの正規輸入販売を手がけるエスシーアイは2022年9月22日、「モーガン・プラスフォー」の特別仕様車「1962エディション」を発表。同日、販売を開始した。

 
「モーガン・プラスフォー」に1962年のルマン優勝記念モデル「1962エディション」登場の画像拡大
 
「モーガン・プラスフォー」に1962年のルマン優勝記念モデル「1962エディション」登場の画像拡大
 
「モーガン・プラスフォー」に1962年のルマン優勝記念モデル「1962エディション」登場の画像拡大
 
「モーガン・プラスフォー」に1962年のルマン優勝記念モデル「1962エディション」登場の画像拡大
 
「モーガン・プラスフォー」に1962年のルマン優勝記念モデル「1962エディション」登場の画像拡大

日本専用に用意された10台の限定モデル

モーガン・プラスフォーは、独自設計の接着アルミプラットフォームにBMW製2リッター直4ターボエンジンを搭載した、オープントップのスポーツカーである。クラシックな意匠の車体はすべて職人の手になるもので、乾燥重量で1tほどという車重の軽さと最高出力258PSのエンジンの組み合わせで、高い動力性能も実現している。今回発売された1962エディションは日本専用の限定モデルで、AT仕様が5台、MT仕様が5台の計10台が販売される。

1962年はルマン24時間レースの2リッタークラスでモーガンが優勝した年であり、英国や欧州では、一足先に特別仕様車「LM62エディション」が販売されていた。日本向けの1962エディションもその仕様は同車に準じたものだが、トップの種類(LM62エディションはハードトップ、1962エディションはソフトトップ)や、各部にあしらわれるロゴやプレート、バッジの意匠などが異なっているという。

標準車にはない特別装備としては、「1962」真ちゅう製特別プレートや、ルマンスタイルフューエルキャップ、カーボンのドームタイプリアバックパネル、オフホワイトのレーシングステッカーなどを採用。ボディーカラーの「ジェットグリーン」も同車専用色となっている。さらには、ポリッシュドワイヤーホイールやソフトグリーンレザーインテリア、エアコン、スピーカーシステムなど、220万円相当のオプションも標準で装備されている。

価格はMT仕様が1221万円、AT仕様が1254万円。納車については2022年10月以降を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
プラスフォー, モーガン, 自動車ニュース