モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジ

2020.03.03 自動車ニュース
新型モーガン・プラスフォー
新型モーガン・プラスフォー拡大

英国のモーガンモーターカンパニーは2020年3月3日、新型「プラスフォー」を発表した。

 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大
 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大
 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大
 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大

モーガン・プラスフォーは、「4/4」よりパワフルな上級モデルとして1950年に登場。以来、70年にわたり生産され続けてきた伝統あるスポーツカーである。今回の新型は、従来モデルから97%もの部分が刷新されており、革命的な進歩を遂げた車両とされている。

車体には先に発表された「プラスシックス」と同じく、「CXジェネレーション」と呼ばれる接着アルミプラットフォームを採用。エンジンはBMW製の2リッターターボで、最高出力258PS(190kW)、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)を発生する。なおモーガンのモデルに4気筒ターボエンジンが搭載されるのは、今回が初となる。

トランスミッションは6段MTと8段ATの2種類で、車両重量は前者が1013kg、後者が1009kg。0-100km/h加速はMT仕様が5.2秒、AT仕様が4.8秒と公称されている。

装備については、LEDフロント/リアランプ、オートマチックヘッドライト、ABS、パワーステアリング、サンバイザー、ドアチェックストラップを標準で採用。オーディオシステムにはBluetoothによる無線通信機能も搭載しているという。またオプションで、ボディーカラーに合わせてカーペットやシートのレザーペイントなどが変更可能となっている。

イギリスでは同日に注文受け付けが開始されたが、日本での販売については未定となっている。

(webCG)

新型「モーガン・プラスフォー」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
プラスフォー, モーガン, 自動車ニュース

モーガン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン・プラスフォー 2020.3.3 画像・写真 モーガンが新型「プラスフォー」を発表。2020年のジュネーブモーターショーで初公開される予定だったモデルで、シャシーには新世代の接着アルミプラットフォーム、エンジンにはBMW製の2リッター直4ターボを採用している。新型の詳細な姿を写真で紹介する。
  • モーガンから最高出力340psの高性能モデル「プラスシックス」が登場 2019.6.28 自動車ニュース モーガンが19年ぶりのニューモデル「PLUS SIX(プラスシックス)」を日本に導入。新開発のアルミ製プラットフォームにBMW製の3リッター直6ターボエンジンとZF製8段ATを搭載したモデルで、0-100km/h加速が4.2秒、最高速が267km/hという動力性能を実現している。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
ホームへ戻る