モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジ

2020.03.03 自動車ニュース
新型モーガン・プラスフォー
新型モーガン・プラスフォー拡大

英国のモーガンモーターカンパニーは2020年3月3日、新型「プラスフォー」を発表した。

 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大
 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大
 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大
 
モーガンが新型「プラスフォー」を発表 70年の歴史を誇るスポーツカーがモデルチェンジの画像拡大

モーガン・プラスフォーは、「4/4」よりパワフルな上級モデルとして1950年に登場。以来、70年にわたり生産され続けてきた伝統あるスポーツカーである。今回の新型は、従来モデルから97%もの部分が刷新されており、革命的な進歩を遂げた車両とされている。

車体には先に発表された「プラスシックス」と同じく、「CXジェネレーション」と呼ばれる接着アルミプラットフォームを採用。エンジンはBMW製の2リッターターボで、最高出力258PS(190kW)、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)を発生する。なおモーガンのモデルに4気筒ターボエンジンが搭載されるのは、今回が初となる。

トランスミッションは6段MTと8段ATの2種類で、車両重量は前者が1013kg、後者が1009kg。0-100km/h加速はMT仕様が5.2秒、AT仕様が4.8秒と公称されている。

装備については、LEDフロント/リアランプ、オートマチックヘッドライト、ABS、パワーステアリング、サンバイザー、ドアチェックストラップを標準で採用。オーディオシステムにはBluetoothによる無線通信機能も搭載しているという。またオプションで、ボディーカラーに合わせてカーペットやシートのレザーペイントなどが変更可能となっている。

イギリスでは同日に注文受け付けが開始されたが、日本での販売については未定となっている。

(webCG)

新型「モーガン・プラスフォー」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
プラスフォー, モーガン, 自動車ニュース

モーガン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • モーガン4/4 2018.5.23 画像・写真 1936年のデビュー以来、戦争による中断をはさんで今もなお造られ続ける「モーガン4/4」。トネリコのボディーフレームに“手叩き”のボンネットなど、職人の手によるクルマづくりを今日に伝えるクラシカルなスポーツカーの姿を紹介する。
ホームへ戻る