ホンダCR-Vに快適&便利な特別仕様車

2011.02.10 自動車ニュース

「ホンダCR-V」に快適&便利な特別仕様車

本田技研工業は、SUV「CR-V」に特別仕様車「HDDナビ スマートエディション」を設定し、2011年2月10日に発売した。

今回発売されたのは、ホンダの純正カーナビ「Honda HDDインターナビシステム」と、鍵穴にキーを挿入することなくエンジンの始動などができる「Hondaスマートキーシステム」が与えられた特別仕様車。

ベースとなるのは、4WD車のエントリーグレード「ZX」と、同じくFF車のエントリーグレード「ZL」。価格はともにベースモデル比4万円高で、279万円と251万円だ。

(webCG 関)


ホンダCR-Vに快適&便利な特別仕様車の画像 拡大

ホンダCR-Vに快適&便利な特別仕様車の画像 拡大
「Honda HDDインターナビシステム」には、携帯音楽プレーヤーが接続できるUSBジャックや、Bluetoothハンズフリー通話機能も含まれる。
「Honda HDDインターナビシステム」には、携帯音楽プレーヤーが接続できるUSBジャックや、Bluetoothハンズフリー通話機能も含まれる。 拡大

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る