「ジャガーXJ」に4つのテーマの特別モデル

2011.02.04 自動車ニュース

「ジャガーXJ」に4つのテーマの特別モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのフラッグシップモデル「XJ」の「ポートフォリオ」に、4つのテーマに合わせて内外装をコーディネートした「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」を設定、2011年2月5日より販売を開始する。

「XJ ポートフォリオ」は、ボディカラーやホイールデザイン、インテリアの配色、素材などを、多くの選択肢から自由にセレクトして組み合わせられるグレード。
今回の「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」は、顧客により具体的で選択しやすいイメージを提案するため、「COOL」「WARM」「MODERN」「TRADITIONAL」という4つのテーマに合わせて選んだ内外装を施したモデルだ。

これら4つの組み合わせは、映画監督の手塚眞(テーマ:COOL)、小説家の谷村志穂(テーマ:WARM)、フラワーアーティストの東信(テーマ:MODERN)、雅楽師の東儀秀樹(テーマ:TRADITIONAL)という、それぞれのテーマに合った文化人からの推薦を受けている。

「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」を採用した車両本体価格は以下のとおり。
・「COOL」:1336万5000円
・「WARM」:1330万円
・「MODERN」:1339万9000円
・「TRADITIONAL」:1339万9000円

(webCG ワタナベ)

「XJ ポートフォリオ」
「XJ ポートフォリオ」 拡大

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
ホームへ戻る