「ジャガーXJ」に4つのテーマの特別モデル

2011.02.04 自動車ニュース

「ジャガーXJ」に4つのテーマの特別モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのフラッグシップモデル「XJ」の「ポートフォリオ」に、4つのテーマに合わせて内外装をコーディネートした「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」を設定、2011年2月5日より販売を開始する。

「XJ ポートフォリオ」は、ボディカラーやホイールデザイン、インテリアの配色、素材などを、多くの選択肢から自由にセレクトして組み合わせられるグレード。
今回の「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」は、顧客により具体的で選択しやすいイメージを提案するため、「COOL」「WARM」「MODERN」「TRADITIONAL」という4つのテーマに合わせて選んだ内外装を施したモデルだ。

これら4つの組み合わせは、映画監督の手塚眞(テーマ:COOL)、小説家の谷村志穂(テーマ:WARM)、フラワーアーティストの東信(テーマ:MODERN)、雅楽師の東儀秀樹(テーマ:TRADITIONAL)という、それぞれのテーマに合った文化人からの推薦を受けている。

「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」を採用した車両本体価格は以下のとおり。
・「COOL」:1336万5000円
・「WARM」:1330万円
・「MODERN」:1339万9000円
・「TRADITIONAL」:1339万9000円

(webCG ワタナベ)

「XJ ポートフォリオ」
「XJ ポートフォリオ」 拡大

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(前編) 2021.4.29 試乗記 世界各国のモーターサイクルが今年も神奈川・大磯に大集結! JAIA輸入二輪車試乗会の会場から、まずは「BMW R18」と「ハーレーダビッドソン・ファットボーイ114/アイアン883」の走りをお届けする。皆同じクルーザーだが、いずれも強烈な個性の持ち主だった。
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
  • 第204回:ありがとうお金持ち 2021.4.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。アウディのスーパーSUV「RS Q8」で、夜の首都高に出撃。正直、SUVにさほど興味はなく、600PSともなれば「いったい誰が買うんだろう?」と思っていたのだが、その疑問は辰巳PAであっさり解消した!
ホームへ戻る