トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデル

2022.11.29 自動車ニュース webCG 編集部
トヨタ・アクアGRスポーツ
トヨタ・アクアGRスポーツ拡大

トヨタ自動車は2022年11月29日、ハイブリッドコンパクトカー「アクア」にスポーティーなキャラクターが特徴の新モデル「GRスポーツ」を設定すると発表。同日、販売を開始した。

 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大
 
トヨタが新型「アクアGRスポーツ」を発売 TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツモデルの画像拡大

ベース車とは一線を画す内外装にも注目

GRスポーツは、トヨタのモータースポーツ活動やスポーツモデルの開発等を統括する、TOYOTA GAZOO Racingの手になるスポーツコンバージョンモデルである。初代アクアの時代には、類似のコンセプトを持つ「G’s」を2013年に、GRスポーツを2017年に設定。フルモデルチェンジを挟み約1年ぶりに復活した新型アクアGRスポーツでは、「意のままに操れる歓(よろこ)び」というコンセプトを踏襲しつつ、先代より操縦安定性と加速性能を向上させたという。

開発には、「GRスープラ」や「GRヤリス」などの“走りの味”をGRスポーツでも実現するよう、これらGRシリーズの開発ドライバーも携わっており、ボディー剛性の強化や足まわりおよびパワーステアリング制御の最適化により、走行性能を向上。ベース車の乗り心地のよさを継承しつつ、さまざまな路面に追従するようフットワークを磨き上げたという。またエクステリアでは、独自の「ファンクショナルマトリックスグリル」や専用バンパー、ロアカバー、17インチアルミホイールなどが特徴となっている。

これらを含む各改良点は、以下のとおり。

【ボディー】
フロア下の2カ所にブレースを装備し、さらにリアバンパーリンフォースを追加することで、操縦安定性の向上とフラットな乗り心地を追求。 

【サスペンション】
フロントについては、ショックアブソーバーやコイルスプリングに独自のチューニングを施したほか、スタビライザーやロアアームブッシュの特性を変更。専用バウンドストッパーの採用などによって、優れた応答性と適切な車両姿勢やコントロール性能、質感の高い乗り心地の実現を図っている。一方リアのトーションビームサスペンションについては、GRスポーツ専用にコイルスプリングやショックアブソーバーをチューニング。締結ボルトの変更などにより、優れた操舵応答性と質感の高い乗り心地の両立を図った。

【電動パワーステアリング】
独自のチューニングを施すことで操舵フィールを改善し、クルマとの一体感のある走りを追求。「POWER+」モードではよりスポーティーな手応えを感じられるEPS特性により、よりスポーツフィールを体感できるようになっているという。 

【タイヤ】
205/45R17サイズの「ブリヂストン・ポテンザRE050A」を採用。

【エクステリア】
フロントまわりの意匠をベース車から刷新。バンパー形状を変更することでタイヤ周辺の空気の流れを整え、後方に流すことで空気抵抗の低減を図った。またラジエーターグリルには専用のファンクショナルマトリックスグリルを採用しており、“G”の文字をモチーフにした六角形のメッシュ形状を左右シンメトリーに配置。バンパーサイドまで回り込んだロア加飾バーにより、バンパーとグリルに一体感を持たせている。

一方リアでは、バンパー下部をGメッシュのテクスチャーを配した“ハ”の字のガーニッシュでブラックアウトすることにより、ロー&ワイドでスポーティーなリアビューを演出。ボディーサイドにおいても、ドア下端のロッカー部を張り出させて厚みを持たせ、低重心なスポーティーさを表現したという。

また足元には、切削光輝加工とブラック塗装を組み合わせたセンターオーナメント付きの17インチアルミホイールを採用。フロントブレーキキャリパーには「GR」のロゴと赤色塗装が施される。

【インテリア】
体をしっかりとサポートしてくれる「GR」のロゴ付きスポーティーシートや、同じく「GR」ロゴ付きの専用本革3本スポークステアリングホイール、アルミペダル、専用コンソールオーナメントなどを採用。シート表皮はセーレン製のヌバック調素材と合成皮革の組み合わせとなっている。

内装色は黒のモノトーンで、天井や周辺部品まで同色で統一。装飾パネル類にはグロスを抑えたダークメタリック塗装を、レジスターノブやインサイドドアハンドルにはシルバー塗装を施している。

価格は259万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース