新世代デザインをまとった「フィアット500X」が上陸

2022.11.29 自動車ニュース webCG 編集部
フィアット500X
フィアット500X拡大

ステランティス ジャパンは2022年11月29日、コンパクトクロスオーバー「フィアット500X」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

「フィアット500X」のリアビュー。ハッチゲートの中央部にシルバーの新デザインエンブレムが備わる。
「フィアット500X」のリアビュー。ハッチゲートの中央部にシルバーの新デザインエンブレムが備わる。拡大
「500Xスポーツ」のインテリア。ダークグレー仕上げのインストゥルメントパネルが特徴だ。
「500Xスポーツ」のインテリア。ダークグレー仕上げのインストゥルメントパネルが特徴だ。拡大
電気自動車「500e」の流れをくんだ、グリルレスデザインのフロントマスクが採用された。
電気自動車「500e」の流れをくんだ、グリルレスデザインのフロントマスクが採用された。拡大

今回の仕様変更では、新デザインのフロントマスクやリニューアルされたエンブレムの採用がトピック。フロントマスクは最新世代のグリルレスデザインに、「FIAT」のエンブレムは従来の円形フレームのものから1900年代初頭のロゴをモチーフとしたシルバーの文字のみとなるデザインに変更された。この新しいエンブレムは電気自動車「500e」に続いての採用となる。

グレードは「500Xクロス」と「500Xスポーツ」の2種類が用意される。500Xクロスでは、ドアミラーカバーがボディー同色からブラックに変更され、ホイールが17インチから18インチにサイズアップ。500Xスポーツには、自動防げんミラーが標準で装備された。

ボディーカラーは、500Xクロスに「ジェラートホワイト」「パッションレッド」「ファッショングレー」の3色が設定され、500Xスポーツではそれらに加えて「イタリアブルー」が選択できる。

価格は500Xクロスが418万円、500Xスポーツが423万円。

(webCG)

関連キーワード:
500X, フィアット, 自動車ニュース