フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売

2022.11.30 自動車ニュース webCG 編集部
アルピーヌA110 Rフェルナンド・アロンソ
アルピーヌA110 Rフェルナンド・アロンソ拡大

アルピーヌ・ジャポンは2022年11月30日、「アルピーヌA110 R」の限定モデル「A110 Rフェルナンド・アロンソ」の国内導入を発表した。

 
フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売の画像拡大
 
フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売の画像拡大
 
フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売の画像拡大
 
フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売の画像拡大
 
フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売の画像拡大
 
フェルナンド・アロンソが仕立てた「A110 R」 1台限定で発売の画像拡大

言わずと知れたフェルナンド・アロンソ選手は2021年、2022年のアルピーヌF1チームのドライバーであり、F1世界選手権で32度の優勝を飾り、2度のワールドチャンピオンに輝いたレーシングドライバーだ。

今回のアルピーヌA110 Rフェルナンド・アロンソは優勝回数と同じ32台のみが生産され、日本市場への割り当ては1台のみ。12月1日から11日まで購入申し込みを受け付け、申込件数が販売台数を超えた場合は抽選となる。

アロンソ選手がスペインのサーキット・デ・バルセロナ・カタルーニャでベースとなるA110 Rをドライブし、シャシーをこのコースに合わせてセットアップ。ダンパーはアルピーヌが特許を持つ「ロード(標準の車高)」と「トラック(車高が-10mm)」の2段階の調整機構(シム)を搭載。トラックモードでは車高が下がるだけでなく、スプリング剛性が5%上昇する。

エクステリアではツートンカラーのボンネットとリアフード、アロンソ選手をイメージしたイエロー×オレンジ×ブルーの専用エンブレム、オレンジのブレーキキャリパー等がノーマルモデルとの違いを主張。ボンネットとリアバンパーはアロンソ選手のサイン入りだ。

インテリアではバケットシートにサインが入るほか、オレンジのドアハンドルやシリアルナンバー入りの専用プレートを採用。エクステリアと同じカラーリングの専用エンブレムもあしらわれる。

価格は2400万円。ボディーカラーは「ブルーレーシングマット」で、ステアリング位置は左右から選べる。

なお購入者には特別記念品として、フェルナンド・アロンソ選手のレプリカヘルメットがプレゼントされる。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース