2ドアの「ジープ・ラングラー ルビコン」200台限定で発売

2022.12.07 自動車ニュース 藤沢 勝

ステランティス ジャパンは2022年12月7日、「ジープ・ラングラー ルビコン」の2ドアモデルを200台限定で導入すると発表し、販売を開始した。

ジープ・ラングラーのなかでもひと際高いオフロード性能を持つとうたわれるルビコンは、ロックトラックフルタイム4×4システムや電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステムを搭載。マッドテレインタイヤも装備する。

今回の2ドアモデルは4ドアの「アンリミテッド」よりも全長、ホイールベースとも550mm短く、最小回転半径5.3mという小回り性能に加えて、車体下部が路面と干渉しづらいというメリットもある。

パワートレインは最高出力284PS/6400rpm、最大トルク347N・m/4100rpmの3.6リッターV6エンジンと8段のトルコン式ATの組み合わせ。

ユーティリティーはアンリミテッド ルビコンに準じており、LEDヘッドライトやオフロードカメラ、フロントシートヒーター付きレザーシート、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応したオーディオナビゲーションシステム「UConnect」、サブウーハー付きアルパイン製プレミアムスピーカーなどを装備。ストップ機能付きアダプティブクルーズコントロールや前後のパークアシスト、リアバックアップカメラなどの運転支援機能も標準装備だ。

ボディーカラーは「特別に設定」したという紫の「レインC/C」(限定102台)と人気の「ブラックC/C」(同98台)の全2色展開で、価格は799万円。

(webCG)

ジープ・ラングラー ルビコン(2ドア)
ジープ・ラングラー ルビコン(2ドア)拡大

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース