自工会・二輪車委員会が記者会見開催 「脳とバイクに関する講演」も実施

2023.01.24 自動車ニュース webCG 編集部
会見の冒頭であいさつを述べる、日髙祥博 自工会副会長兼二輪車委員会委員長。(写真はオンラインでの試聴画面)
会見の冒頭であいさつを述べる、日髙祥博 自工会副会長兼二輪車委員会委員長。(写真はオンラインでの試聴画面)拡大

一般社団法人日本自動車工業会(自工会)の二輪車委員会は2023年1月24日、プレス向けの記者会見「メディアミーティング」を開催し、近年の取り組みについて報告した。

「メディアミーティング」の資料から。自工会・二輪車委員会は、二輪車に対する社会の好感度向上を大きな目標に掲げている。
「メディアミーティング」の資料から。自工会・二輪車委員会は、二輪車に対する社会の好感度向上を大きな目標に掲げている。拡大
新たに開設した二輪情報サイト「MOTOINFO」の取材を通して、ライダーの世代交代が進み、若者がバイクに乗りやすい時代になっている状況も明らかになったという。
新たに開設した二輪情報サイト「MOTOINFO」の取材を通して、ライダーの世代交代が進み、若者がバイクに乗りやすい時代になっている状況も明らかになったという。拡大
“脳トレ”で知られる川島隆太 東北大学加齢医学研究所所長。今回は、「バイクに乗ると“脳が活性化”する!」と題した講演を行った。
“脳トレ”で知られる川島隆太 東北大学加齢医学研究所所長。今回は、「バイクに乗ると“脳が活性化”する!」と題した講演を行った。拡大
脳で重要なのは、コンピューターでCPUが担う「認知」の速度と、メモリーによる「作動記憶」。これらを向上させる働きが、バイクのライディングにはあるという。
脳で重要なのは、コンピューターでCPUが担う「認知」の速度と、メモリーによる「作動記憶」。これらを向上させる働きが、バイクのライディングにはあるという。拡大
自身がライダーである川島所長。脳とバイクに関する調査・研究を始めたきっかけは、二輪メーカーからの「中高年ライダーが妙に元気なのはなぜか?」という問い合わせだった。
自身がライダーである川島所長。脳とバイクに関する調査・研究を始めたきっかけは、二輪メーカーからの「中高年ライダーが妙に元気なのはなぜか?」という問い合わせだった。拡大
調査の結果わかったのは、ギア付きのバイクに乗っていると脳が大いに活性化されるということ。ライディングは、メンタルヘルスの面でも役に立つことが明らかになっている。
調査の結果わかったのは、ギア付きのバイクに乗っていると脳が大いに活性化されるということ。ライディングは、メンタルヘルスの面でも役に立つことが明らかになっている。拡大

バイクに乗るのは脳にいい

4回目となる自工会・二輪車委員会メディアミーティングの開催テーマは、「2030ロードマップ『快適・楽しさの訴求』に向けた情報発信のあり方」。冒頭のあいさつを述べた日髙祥博 自工会副会長兼二輪車委員会委員長は、「(新型コロナウイルスの問題が落ち着いてきて)これまでのような遊び方が戻ってくるであろう2023年は、二輪業界にとって“勝負の年”になると思っている。活性化しつつある業界を、情報発信改革を通して盛り上げたい」などと前向きな姿勢をみせた。

その改革の一環として自工会は、情報伝達の多様化とスピードアップを目的に二輪情報サイト「MOTOINFO(モトインフォ)」を2022年7月に開設。同サイトでは既存のライダーや潜在層のほか社会全般に向けた記事を扱っており、これまで、女性の読者比率が3%弱増加し、25~44歳という比較的若い年齢層の読者が2%以上増えるなど、新たな取り組みに手応えがあったことが報告された。

また記事の取材を通してわかった事実として、例えば「二輪の事故は(6年連続で事故が減少しているものの)依然多く、安全のためにはライディングのレッスンと同様、個人の安全意識に対する意識の高まりが重要であること」や、「むかしは二輪免許取得の“反対勢力”だった親が、いまは若者の“アシスト世代”になっているため、これを追い風にバイクを活性化させるチャンスであること」なども紹介された。

会の後半では、MOTOINFOの人気記事ランキングで上位を占める「バイクに乗ると“脳が活性化”する!」にフォーカスし、その論者である川島隆太 東北大学加齢医学研究所所長による講演が開催された。

川島所長によれば、「脳の背外側前頭前野(ひたいの左側に位置する部分)の働きは20歳から着実に低下するものだが、それを活性化することで脳の老化を改善することが期待できる」とのこと。

実際に、ライダー/ドライバーの被験者を募り、スクーターやATのクルマも含めた研究・調査を行ったところ、バイクやクルマのMT車に乗っている場合に背外側前頭前野が最も活性化され、さらに、メンタルヘルス(いらいらの程度)も改善することが判明。「自動二輪車の運転を生活に取り込むことで、脳も心も鍛えられることがわかった」という。

川島所長は、次のステップとして、「ふだんバイクに乗る習慣を持っている人は、安全運転をする能力も高くなっているのかを証明したい」とコメント。「それがわかれば、バイクで脳機能が上がり、しかも交通社会の安全性に寄与できるというストーリーにつながり、きれいなんじゃないかな」と笑顔で話を結んだ。

(webCG)

関連キーワード:
バイク, 自動車ニュース