日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

2011.01.21 自動車ニュース

日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、クロスオーバーSUV「ムラーノ」をマイナーチェンジし、2011年2月3日より販売を開始する。

2008年9月の登場から2年余りが経過した2代目「日産ムラーノ」。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更と、一部装備の見直しが行われた。

エクステリアの変更点は、フロントグリル、フロントバンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど。フロントまわりを中心にデザインが刷新され、先進性と質感の向上が図られた。インテリアには、ホワイト基調の表示でドライバーの視認性を向上させる新デザインのコンビメーターを採用。本革シートとドアトリムのデザイン変更、センタークラスターの色味変更などとあわせ、プレミアム感が高められた。

装備のグレードアップも図られた。「XV」グレードには、地デジチューナーの内蔵やiPod等の外部オーディオ機器への対応によりエンターテインメント機能が充実した「カーウイングスナビゲーションシステム」(HDD方式)と、オートスピードコントロール装置を標準装備。さらにISO FIX対応チャイルドシート用アンカー(後席左右)が、全グレードに標準装備となった。

価格は、297万1500円から446万9850円。

(webCG 曽宮)

「日産ムラーノ350XV FOUR」
「日産ムラーノ350XV FOUR」 拡大
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。 拡大
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。 拡大
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。 拡大

関連キーワード:
ムラーノ, 日産, 自動車ニュース

日産 ムラーノ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く 2021.4.14 デイリーコラム 新型「スバルBRZ」と「トヨタGR 86」がデビューした。よく知られている通り2台は基本コンポーネンツを共有する兄弟車だが、乗り味まで同じだったらどちらかが存在すれば十分だ。トヨタとスバル、それぞれの味つけの違いを読み解く。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
ホームへ戻る