Eクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車

2011.01.12 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本、特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2011年1月12日、自動車生誕125周年を記念し、メルセデス・ベンツEクラスにスポーティなエクステリアと快適性を高める室内装備を施した特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」(全3モデル)を設定。同日発売した。

「E250 CGIブルーエフィシェンシー」は、1.8リッター直4ガソリン直噴ターボエンジンを搭載し、すぐれた走行性能と燃費経済性の両立がアピールされる、Eクラスのベーシックグレード。今回の特別仕様車は、1886年にカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが自動車を発明して以来125周年を迎えることを記念したモデルとなる。

モデルごとの価格と内容は、以下の通り。

・E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション/634万円
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン125!エディション/669万円

通常モデルには設定のないツインクロームエグゾーストエンドや18インチ5スポークアルミホイール、車高15mmダウンのスポーツサスペンション、ドリルドベンチレーテッドブレーキディスク(フロント)などスポーティな装備のほか、メモリー付パワーシート(前席)や電動ランバーサポート、電動チルト&テレスコピックステアリング、ドライバーの乗り降りをサポートするイージーエントリーなどの快適性を向上させる室内装備、計37万円相当分の装備を追加しながら車両価格は据え置きとされた。


・E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション/698万円

アバンギャルド仕様ならではのスポーティなエクステリアはそのままに、キーレスゴー、メモリー付パワーシート(前席)、後席分割可倒式シートなど、快適装備を充実。35万円相当分の装備を追加しながら車両価格は据え置きとされた。

(webCG)

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
ホームへ戻る