BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始

2010.12.14 自動車ニュース

520psのアルピナ「B7 ビターボ アルラット」受注開始

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2010年12月13日、アルピナブランドのニューモデル「BMWアルピナ B7 BiTurbo Allrad」の受注を開始した。

「BMWアルピナ B7 BiTurbo Allrad(ビターボ アルラット)」は、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」をベースに、アルピナが独自に仕立てなおしたハイパフォーマンスセダンだ。

後輪駆動の「B7 ビターボ」は2009年7月から日本でも扱われているが、今回新たに導入されるのは、「Allrad」(=四輪駆動)の名が示すとおり、御本家BMWが日本市場で販売していない4WDモデルである。

エンジンも、4.4リッターV8ツインターボという基本構成こそ変わらないものの、ターボをはじめとする補器類やエンジンマネージメントが改められ、BMW7シリーズの407ps、61.2kgmに対して520ps、72.9kgmを叩き出す。
車重2130kgのヘビー級セダンながら、0-100km/h加速は4.8秒でこなし、リミッターで制限される最高速270km/hでの巡航が可能だという。

強化されたパワーに応えるべく、サスペンション、ブレーキ、タイヤといった足まわりも専用パーツでリセッティングされる。

価格は、2045万円。左ハンドル車のみの取り扱いで、デリバリー開始は2011年夏が予定されている。

(webCG 関)

「BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット」
「BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット」 拡大
 
BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始の画像 拡大
 
BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始の画像 拡大

関連キーワード:
B7, BMWアルピナ, 自動車ニュース

BMWアルピナ B7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB7ロング アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.16 試乗記 アルピナのフラッグシップモデル「B7」に試乗。どこまでもスムーズなV8ツインターボエンジンと、ハンドリングと快適性を高度なレベルで両立させたシャシーが織りなす、アルピナならではの世界に身をゆだねてみた。
  • BMWアルピナ 2019.10.25 画像・写真 今年で日本導入40周年を迎えたBMWアルピナは、新型「B3」を東京モーターショー2019で世界初公開した。これが日本披露となるSUV「XD4」や、「XD3」、最上級サルーン「B7」とともに、その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • 最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場 2020.5.19 自動車ニュース 独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能な3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。
  • アルピナがニューモデル「D3 S」を発表 最高出力355PSの高性能ディーゼルモデル 2020.5.11 自動車ニュース ニコル・オートモビルズが「BMWアルピナD3 S」の日本導入を発表。最高出力355PSの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載した高性能スポーツモデルで、アルピナ初のマイルドハイブリッド機構の採用により、高効率な走りも追求されている。
ホームへ戻る