第356回:技術は変われど「らしさ」は不変
新型「アルピナB7ビターボ」のここに注目

2016.07.21 エディターから一言
独アルピナ社のガンザ―氏と「B7ビターボ リムジン ロング」
独アルピナ社のガンザ―氏と「B7ビターボ リムジン ロング」。 拡大

アルピナの新しいフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」。608psを誇るスーパーサルーンの見どころを、独アルピナ社でマーケティングを担当するジョナサン・ガンザー氏に聞いた。

4.4リッターV8ビターボユニットは「新開発といってもいいくらいの内容になっています」とガンザー氏。
4.4リッターV8ビターボユニットは「新開発といってもいいくらいの内容になっています」とガンザー氏。 拡大
LED技術を用いたアルピナオリジナルのフルカラーメーターも見どころのひとつ。
LED技術を用いたアルピナオリジナルのフルカラーメーターも見どころのひとつ。 拡大
「B7ビターボ」の0-100km/h加速は4.2秒。巡航最高速度は330km/hに達する。(写真=アルピナ)
「B7ビターボ」の0-100km/h加速は4.2秒。巡航最高速度は330km/hに達する。(写真=アルピナ) 拡大

■ビターボユニットを大幅改良

――新しいB7ビターボの技術的なハイライトを教えてください。

アルピナの新しい技術的な旗艦として、ラグジュアリーとコンフォート、そしてパフォーマンスを兼ね備えたモデルと位置付けています。4.4リッターのV8ビターボ(ツインターボ)ユニットは、アルピナのラインナップで最も強力な608psの最高出力を誇り、最大トルクは81.6kgm(800Nm)と、パワーとトルクに大きな余裕があるのが特徴です。
このエンジンは、従来の4.4リッターV8ビターボユニットをベースにちょっと手を入れたなどというものではなく、新開発といってもいいくらいの内容になっています。ターボチャージャーはまったく新しいものですし、インテーク周りも新たに設計しました。クーリングシステムやオイルの潤滑系統、電子制御も見直しています。エンジンのレスポンスはさらに良くなっています。

――アルピナのひとつの醍醐味(だいごみ)ともいえる足まわりはどうでしょうか。

新型B7では、前後にエアサスペンションが使用されています。ダンパーは電子制御で、アクティブ・ロール・スタビリゼーションが備わり、さらにアルピナとしては初めてリア・アクスル・ステアリング機構を採用しました。これらすべての効果により、乗り心地は一段と快適になっています。
ただし、走行モードを切り替えれば、一転してスポーティーな性格に変化します。特にこの新型には「アルピナ・スポーツ+」というモードがあって、それを選択すると、もっとずっと小型のクルマを運転しているような感覚が得られるでしょう。全長5250mmのサルーンであるにもかかわらず、BMWでいうなら「5シリーズ」に乗っているような気分になるはずです。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る