第356回:技術は変われど「らしさ」は不変
新型「アルピナB7ビターボ」のここに注目

2016.07.21 エディターから一言
独アルピナ社のガンザ―氏と「B7ビターボ リムジン ロング」
独アルピナ社のガンザ―氏と「B7ビターボ リムジン ロング」。 拡大

アルピナの新しいフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」。608psを誇るスーパーサルーンの見どころを、独アルピナ社でマーケティングを担当するジョナサン・ガンザー氏に聞いた。

4.4リッターV8ビターボユニットは「新開発といってもいいくらいの内容になっています」とガンザー氏。
4.4リッターV8ビターボユニットは「新開発といってもいいくらいの内容になっています」とガンザー氏。 拡大
LED技術を用いたアルピナオリジナルのフルカラーメーターも見どころのひとつ。
LED技術を用いたアルピナオリジナルのフルカラーメーターも見どころのひとつ。 拡大
「B7ビターボ」の0-100km/h加速は4.2秒。巡航最高速度は330km/hに達する。(写真=アルピナ)
「B7ビターボ」の0-100km/h加速は4.2秒。巡航最高速度は330km/hに達する。(写真=アルピナ) 拡大

■ビターボユニットを大幅改良

――新しいB7ビターボの技術的なハイライトを教えてください。

アルピナの新しい技術的な旗艦として、ラグジュアリーとコンフォート、そしてパフォーマンスを兼ね備えたモデルと位置付けています。4.4リッターのV8ビターボ(ツインターボ)ユニットは、アルピナのラインナップで最も強力な608psの最高出力を誇り、最大トルクは81.6kgm(800Nm)と、パワーとトルクに大きな余裕があるのが特徴です。
このエンジンは、従来の4.4リッターV8ビターボユニットをベースにちょっと手を入れたなどというものではなく、新開発といってもいいくらいの内容になっています。ターボチャージャーはまったく新しいものですし、インテーク周りも新たに設計しました。クーリングシステムやオイルの潤滑系統、電子制御も見直しています。エンジンのレスポンスはさらに良くなっています。

――アルピナのひとつの醍醐味(だいごみ)ともいえる足まわりはどうでしょうか。

新型B7では、前後にエアサスペンションが使用されています。ダンパーは電子制御で、アクティブ・ロール・スタビリゼーションが備わり、さらにアルピナとしては初めてリア・アクスル・ステアリング機構を採用しました。これらすべての効果により、乗り心地は一段と快適になっています。
ただし、走行モードを切り替えれば、一転してスポーティーな性格に変化します。特にこの新型には「アルピナ・スポーツ+」というモードがあって、それを選択すると、もっとずっと小型のクルマを運転しているような感覚が得られるでしょう。全長5250mmのサルーンであるにもかかわらず、BMWでいうなら「5シリーズ」に乗っているような気分になるはずです。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナ 2019.10.25 画像・写真 今年で日本導入40周年を迎えたBMWアルピナは、新型「B3」を東京モーターショー2019で世界初公開した。これが日本披露となるSUV「XD4」や、「XD3」、最上級サルーン「B7」とともに、その姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナXD4(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.3 試乗記 流麗なクーペフォルムが特徴の「BMWアルピナXD4」に試乗。最高出力388PS、最大トルク770N・mを誇る3リッター直6ディーゼル「クワッドターボ」エンジンの実力と、低重心化された足まわりの仕上がりを確認した。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMWアルピナXD3(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.21 試乗記 アルピナの商品群において、数少ないSUVの一台である「XD3」。控えめを旨とするアルピナが手がけると、ディーゼルエンジンを積むSUVはどのようなクルマに仕上がるのか? 最大トルク700Nmの豪快さと、繊細なドライブフィールが織り成す妙味を楽しんだ。
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
ホームへ戻る