ホンダ、エリシオンの一部装備を変更し発売

2010.11.18 自動車ニュース

ホンダ、「エリシオン」シリーズの一部装備を見直し発売

本田技研工業は2010年11月18日、ミニバン「エリシオン」「エリシオン プレステージ」の仕様を一部変更し、発売した。

「エリシオン」は、内装にのみ手直しが施された。スーパー立体自発光メーター、ハーフシェイド・フロントウィンドウが与えられ、3列目シートの中央席には、新たにヘッドレストが追加、全席にヘッドレストが完備された。また、シート表皮はジャージ/合成皮革のものに変更され、質感の向上が図られた。

一方、「エリシオン プレステージ」の変更点は、主に外装。ヘッドライトターンレンズとリアコンビライトレンズのカラーは、ともにクリアーになり、17インチアルミホイール(SGモデルを除く)は、シルバーからダークシルバーに変更。よりスポーティなエクステリアとなった。内装は、「エリシオン」と同じく3列目シートのセンターシートにヘッドレストを装備、フロントウィンドウもハーフシェイドのものに変更された。

「エリシオンGエアロ HDDナビ スペシャルパッケージ」などHDDナビを搭載するモデルでは、ETCとスマートキーシステムを標準装備し、ナビのテレビチューナーを地デジに対応。利便性の向上が図られた。また、ナビに最新の交通状況を反映させるためのデータ通信が無料化されたのもポイントだ。

価格は以下のとおり。

「エリシオン」
Gエアロ:297万円(FF)/328万5000円(4WD)
Gエアロ HDDナビ スペシャルパッケージ:330万円(FF)/361万5000円(4WD)

「エリシオン プレステージ」
S:320万2000円(FF)/351万7000円(4WD)
S HDDナビ スペシャルパッケージ:365万5000円(FF)/390万7000円(4WD)
SG:426万円(FF)/451万2000円(4WD)

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「ホンダ・エリシオンGエアロ HDDナビ スペシャルパッケージ」
「ホンダ・エリシオンGエアロ HDDナビ スペシャルパッケージ」 拡大

スーパー立体自発光メーターを採用した「エリシオンGエアロ」のインパネ。
スーパー立体自発光メーターを採用した「エリシオンGエアロ」のインパネ。 拡大

3列目シートの中央席にもヘッドレストが装備された。
3列目シートの中央席にもヘッドレストが装備された。 拡大

「ホンダ・エリシオンS HDDナビ スペシャルパッケージ」
「ホンダ・エリシオンS HDDナビ スペシャルパッケージ」 拡大

「ホンダ・エリシオン プレステージS」のリアビュー。
「ホンダ・エリシオン プレステージS」のリアビュー。 拡大

関連キーワード:
エリシオン, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ エリシオン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・オデッセイ アブソルート EX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.15 試乗記 2013年11月に発売された「ホンダ・オデッセイ」のスポーティーグレード「アブソルート」に試乗。すっかり普通のミニバンらしくなった5代目オデッセイだが、実際に走らせてみると、ライバルにはないとがった個性を持ち合わせていた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
ホームへ戻る