ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルド」を発表

2010.10.26 自動車ニュース

ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルドLP550-2」を発表

ランボルギーニ・ジャパンは2010年10月22日、「ランボルギーニ・ガヤルド」に後輪駆動モデル「ガヤルドLP550-2」を設定し、販売を開始した。

「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」は、2009年7月に日本で限定発売された「ガヤルドLP550-2 バレンティーノ・バルボーニ」に続く、後輪駆動モデル。バレンティーノ・バルボーニが好評を博したことを受け、今回はベーシックなモデルが、より低価格で販売されることとなった。

搭載されるエンジンは、排気量5204ccのV10。最高出力550ps/8000rpm、最大トルク55.1kgm/6500rpmを発生し、後輪を駆動する。トランスミッションは、6段MTと6段AT(e-gear)が選べる。

ランボルギーニによれば、ガヤルドLP550-2では、単に駆動方式を4WDからMRに変更しただけでなく、サスペンションやタイヤ、電子デバイス、リミテッドスリップデフ、さらには空力に至るまで、ドライビングダイナミクスに関連するさまざまなパーツをセッティングし直したという。なかでもESPは標準「ガヤルド」と特性が異なり、標準モードでは高い安定性を重視し、スポーツ走行向きの“コルサ”モードでは従来よりもドリフトを許容する設定となっているという。

さらにエンジンにも改良が施され、高回転域まで官能的な回り方をするセッティングが追求されているとか。公表性能データによると、車重1380kgのガヤルドLP550-2の性能は、0-100km/h加速が3.9秒、最高速度は320km/hとなっている。

価格は、6段MT仕様が2303万1750円、6段AT(e-gear)仕様は2408万1750円。

(webCG 曽宮)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」 拡大
標準の「ガヤルド」同様、「ガヤルドLP550-2」にもあらゆるエクステリアカラーとインテリアトリムなどの組み合わせが可能なカスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」が設定される。
標準の「ガヤルド」同様、「ガヤルドLP550-2」にもあらゆるエクステリアカラーとインテリアトリムなどの組み合わせが可能なカスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」が設定される。 拡大

ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルド」を発表の画像 拡大

ランボルギーニ、後輪駆動の「ガヤルド」を発表の画像 拡大

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)【海外試乗記(前編)】 2007.5.9 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)
    ……2554万1250円

    いまはなきカロツェリア・ツーリングが得意としていたボディ構造が「スーパーレジェーラ」。同社最後の作品は、ランボルギーニ400ベースのフライングスターIIだった……。そんな因縁をもつ名前が、ガヤルドのサブネームとなって復活した! 北米からの報告。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
ホームへ戻る