ホンダ・フィットがマイナーチェンジ

2010.10.08 自動車ニュース

「ホンダ・フィット」、マイナーチェンジでバリエーション豊かに

本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」にマイナーチェンジを施し、2010年10月8日に発売した。

■グレードの違いが明確に

いまや、国内で販売されるホンダ車の25%以上を占めるという「フィット」。売れっ子の2代目もデビューから3年を迎え、マイナーチェンジが実施された。

エクステリアは、フロントバンパーの形状が「インサイト」や「オデッセイ」を思わせる凹型のものに改められ、ヘッドランプやリアコンビネーションランプ、ホイールキャップなどのデザインも変更された。

1.3リッターモデルでは、インテリアカラーがブラックブルーとベージュの2色に増え、シート表皮の材質も新しくなった。
燃費性能の向上も図られ、ピストンのコーティングパターン変更、燃焼室のスリーブ変形抑制などによりフリクションロスを低減。10・15モードの燃費値は、24.0km/リッターから24.5km/リッターへと向上した。

今回のマイナーチェンジは、各グレードの役割を明確にし「フィット」のブランド力を高めようというのが大きな狙いで、1.3リッターガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「フィットハイブリッド」が設定されたのも、大きなトピックだ。(関連ニュース

1.5リッターモデルの「15X」は、いっそう上質感が演出され、内装にクロームの加飾が施されたほか、クルーズコントロールやシートヒーターなどの快適装備が与えられている。

また、ボタンひとつでエンジンやCVT、エアコンを協調制御して実用燃費をアップさせる、「ECONモード」も、ハイブリッドモデルの全グレードとガソリンモデルの一部グレードに備えられた。

■今度はヤル気の「RS」

いままでエアロパーツ程度が華だった1.5リッターのスポーティグレード「RS」は、はっきりと「走り」のキャラクターが打ち出された。

エクステリアは、いかつい前後バンパーと専用サイドシル、テールゲートスポイラーで飾られ、見違えるほどダイナミックに。ブラックをアクセントとした前後ランプや専用のエキパイフィニッシャー、オレンジを基調とした派手なツートンカラーのインテリアなどで、他グレードとの差別化を図る。

エンジンそのものの出力(120ps、14.8kgm)には変わりがないものの、走りに関わる機能にも手が加えられ、5段だったマニュアルトランスミッションは、6段に。CVT車も変速比をローレシオ化するなど、独自の変更が施された。
サスペンションは専用のセッティング。前後スタビライザーはより太くなり、パフォーマンスロッドも追加。ソフト面のESPも、よりスポーティな味付けとされた。

極めつけはサウンドチューン。サイレンサーやエンジンマウントに手を加え、発進時には迫力ある排気音が、中低速ではすっきりしたエンジン音が得られるという。

そんな“新”「フィット」シリーズの価格は、1.3リッターモデルが123万円から166万5600円まで。
1.5リッターモデル「15X」は149万8000円から167万3600円までで、1.5リッターのスポーティモデル「RS」が169万8000円、ハイブリッドモデルが159万円から210万円までとなっている。

(webCG 関)

マイナーチェンジ後の「ホンダ・フィット」。写真のグレードは1.3リッターの「13Gスマートセレクション」。
マイナーチェンジ後の「ホンダ・フィット」。写真のグレードは1.3リッターの「13Gスマートセレクション」。 拡大
1.3リッターエンジンは、フリクションロスの低減などにより、さらに燃費性能が高められた。
1.3リッターエンジンは、フリクションロスの低減などにより、さらに燃費性能が高められた。 拡大
「フィット」(写真左)と「フィットハイブリッド」。黒いルーフはオプションの「スカイルーフ」で、その他外観上の違いは極わずかにとどまる。
「フィット」(写真左)と「フィットハイブリッド」。黒いルーフはオプションの「スカイルーフ」で、その他外観上の違いは極わずかにとどまる。 拡大
ホンダ第4のハイブリッドカーとなる「フィットハイブリッド」。満を持しての“売れ筋ブランドのハイブリッド化”に、ホンダの開発陣も期待を寄せる。
ホンダ第4のハイブリッドカーとなる「フィットハイブリッド」。満を持しての“売れ筋ブランドのハイブリッド化”に、ホンダの開発陣も期待を寄せる。 拡大
「ホンダ・フィットRS」
「ホンダ・フィットRS」 拡大
インテリアはなんと、ド派手なオレンジ×ブラックのツートンカラーのみ。
インテリアはなんと、ド派手なオレンジ×ブラックのツートンカラーのみ。 拡大

ホンダ・フィットがマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
  • ホンダ・フィットe:HEVベーシック(FF)【試乗記】 2020.4.9 試乗記 いよいよデビューした新型「ホンダ・フィット」。従来のホンダ車とはひと味違う価値観のもとに開発されたという4代目は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。ハイブリッドの最廉価グレードを連れ出して確かめた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
ホームへ戻る