ルノー・コレオス、装備を見直し新発売

2010.09.09 自動車ニュース

「ルノー・コレオス」、装備を見直し新発売

ルノー・ジャポンは、マイナーチェンジが実施された「コレオス」を日本に導入。2010年9月22日に発売する。

2009年5月に日本上陸を果たしたルノー初のクロスオーバーモデル「コレオス」に、手直しが施された。

もっとも変更点が多いのはエントリーグレードで、ルーフレールやバックソナー、ワンタッチ式のリアシート可倒レバー、リアセンターアームレスト、さらにBluetooth機能付きオーディオシステムなどの装備を追加。車名もシンプルな「コレオス」から「コレオス ダイナミック」へと変更された。

標準グレードとされる「コレオス プレミアム」と最上級の「コレオス プレミアム グラスルーフ」は、ホイールのデザインが新しくなり、センターコンソールがカーボン調のパネルで飾られた。
こちらも、Bluetooth機能付きオーディオシステムが与えられ、さらに、iPodなどUSBデバイスの接続もできるようになった。

また、全グレードでリアスポイラーが新形状の大きなものに変更された。

ボディカラーの変更もポイント。「ブルー アシエ」をはじめ新色が4色。合計7色でラインナップする。

価格は据え置きで、以下のとおり。

・ダイナミック:319万8000円(※)
・プレミアム:349万8000円
・プレミアム グラスルーフ:359万8000円(※)

標準グレード「プレミアム」以外の2モデル(※印)は、受注生産となる。

(webCG 関)

「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。
「ルノー・コレオス プレミアム グラスルーフ」。写真のボディカラーは、新色の「ブルー アシエ」。 拡大
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。
インテリアの様子。センターコンソールはカーボン調に。 拡大
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。
写真の2.5リッター直4エンジン(170ps、23.1kgm)をはじめ、主要な機関部分に変更はない。 拡大
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。
上下に開くハッチゲートは、「コレオス」の特徴。開口部の左右に設けられたレバーを引けば、リアシートのスペースがワンタッチでフルフラットになる。 拡大

ルノー・コレオス、装備を見直し新発売の画像 拡大

関連キーワード:
コレオス, ルノー, 自動車ニュース

ルノー コレオス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
ホームへ戻る