新型エルグランドに「ライダー」が登場

2010.08.05 自動車ニュース

新型「日産エルグランド」に「ライダー」「VIP」が登場 福祉車両も

日産自動車の関連会社 オーテックジャパンは2010年8月4日、「日産エルグランド」をベースとした3種類のカスタマイズモデルを発表した。

■タイプの異なる3モデル

2010年8月4日にデビューした新型「日産エルグランド」をオーテックジャパンがカスタマイズ。タイプの異なる3種類のコンプリートカーとしてリリースする。

そのひとつめは、内外装をドレスアップした「ライダー」だ。初代「エルグランド」の時代からラインナップされるこちらは、専用デザインの前後バンパーやサイドシルプロテクター、メッキがまぶしいラジエターグリルや18インチアルミホイールなどで個性を演出。
インテリアも、白い本革シートや黒い和紙調のフィニッシャーが採用され、ノーマルとはひと味違った1台となっている。

価格は、360万1500円から483万円まで。

もう1台、福祉車両の「アンシャンテ セカンドスライドアップシート」は、読んで字のごとし、キャプテンシート型の2列目シート(左側)を電動操作で車体の外へと移動させられる特殊車両だ。主に、自力での乗り降りが困難なユーザーに向けられたものであり、早送りボタンを使ってシートの呼び出しと収納の時間を短縮できる点もウリである。

価格は、「250XG」(FF)の356万4750円から、「350 Highway STAR」(4WD)の462万5250円まで。

以上2モデルは、日産の販売会社を通じて2010年8月18日に発売される。

年内11月下旬には、エグゼクティブに向けた特別仕様車「VIP」も登場する予定だ。こちらは、ベースを「エルグランド」シリーズの最上級グレード「350 Highway STAR Premium」に限定。黒い本革シートとドアトリム、読書灯や100V電源に加え、乗降用の補助ステップも与えられる。
リアのエンターテインメントシステムやツインサンルーフなどの快適装備もあらかじめ用意。ノーマル車とは異なる専用タイヤで、乗り心地の向上も図られたという。

キャプテンシートの7人乗り仕様が基本だが、ユーザーからの要望があれば、2列目以降を2人乗り仕様(=定員4人)にするなどの特別注文にも対応するとのこと。価格は、FF車が577万5000円で、4WD車が605万8500円。

(webCG 関)

「日産エルグランド ライダー」
「日産エルグランド ライダー」 拡大
「ライダー」のインテリア。白いレザーシートと黒いフィニッシャーが強いコントラストを描く。
「ライダー」のインテリア。白いレザーシートと黒いフィニッシャーが強いコントラストを描く。 拡大
福祉車両「エルグランド アンシャンテ セカンドスライドアップシート」
福祉車両「エルグランド アンシャンテ セカンドスライドアップシート」 拡大
「エルグランド VIP」のインテリア
「エルグランド VIP」のインテリア 拡大

関連キーワード:
エルグランド, 日産, 自動車ニュース

日産 エルグランド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.10.21 試乗記 ……414万7500円
    総合評価……★★★★

    新たな3代目に「キング・オブ・ミニバン」復権をかける、「日産エルグランド」。その実力を、売れ筋の2.5リッターモデルで試した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
ホームへ戻る