「MINI John Cooper Works」全車にATモデル追加

2012.10.23 自動車ニュース

「MINI John Cooper Works」全車にAT搭載モデルを追加

BMWジャパンは2012年10月23日、「MINI John Cooper Works(ジョンクーパーワークス)」の全モデルに、オートマチックトランスミッションを搭載し、発売した。

1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載するMINIのハイパフォーマンスバージョン「MINI John Cooper Works」の全モデルに、これまでの6段MTに加え、6段ATモデルを追加した。

あわせて、全ラインナップのエンジンにバルブトロニックと高精度ダイレクトインジェクションを採用し、高出力と低燃費を両立させた。最高出力は211ps/6000rpmで最大トルクは26.5kgm/1850-5600rpm。オーバーブースト機能により、最大トルクを2000rpmから5200rpmまでの間で、28.6kgmまで高めることができる。

価格は以下のとおり。

・MINI John Cooper Works(6MT):390万円
・MINI John Cooper Works(6AT):403万円
・MINI John Cooper Works コンバーチブル(6MT):440万円
・MINI John Cooper Works コンバーチブル(6AT):453万円
・MINI John Cooper Works クラブマン(6MT):417万円
・MINI John Cooper Works クラブマン(6AT):430万円
・MINI John Cooper Works クーペ(6MT):426万円
・MINI John Cooper Works クーペ(6AT):439万円
・MINI John Cooper Works ロードスター(6MT):451万円
・MINI John Cooper Works ロードスター(6AT):464万円

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINIクラブマン, MINIクーペ, MINIロードスター, MINI, 自動車ニュース