「MINI John Cooper Works」全車にATモデル追加

2012.10.23 自動車ニュース

「MINI John Cooper Works」全車にAT搭載モデルを追加

BMWジャパンは2012年10月23日、「MINI John Cooper Works(ジョンクーパーワークス)」の全モデルに、オートマチックトランスミッションを搭載し、発売した。

1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載するMINIのハイパフォーマンスバージョン「MINI John Cooper Works」の全モデルに、これまでの6段MTに加え、6段ATモデルを追加した。

あわせて、全ラインナップのエンジンにバルブトロニックと高精度ダイレクトインジェクションを採用し、高出力と低燃費を両立させた。最高出力は211ps/6000rpmで最大トルクは26.5kgm/1850-5600rpm。オーバーブースト機能により、最大トルクを2000rpmから5200rpmまでの間で、28.6kgmまで高めることができる。

価格は以下のとおり。

・MINI John Cooper Works(6MT):390万円
・MINI John Cooper Works(6AT):403万円
・MINI John Cooper Works コンバーチブル(6MT):440万円
・MINI John Cooper Works コンバーチブル(6AT):453万円
・MINI John Cooper Works クラブマン(6MT):417万円
・MINI John Cooper Works クラブマン(6AT):430万円
・MINI John Cooper Works クーペ(6MT):426万円
・MINI John Cooper Works クーペ(6AT):439万円
・MINI John Cooper Works ロードスター(6MT):451万円
・MINI John Cooper Works ロードスター(6AT):464万円

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINIクラブマン, MINIクーペ, MINIロードスター, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る