マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売

2012.10.25 自動車ニュース

マツダ、新型軽乗用車「フレア」「フレアカスタムスタイル」を発売

マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。

マツダの新型車「フレア」「フレアカスタムスタイル」は、スズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデル。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」やブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」などの採用によって実現した、優れた燃費性能が自慢の軽乗用車で、全車がエコカー減税の免税対象となっている。
用意されるグレードは、「フレア」がベーシックな「XG」と装備が充実した「XS」の2種類、「フレアカスタムスタイル」では自然級気エンジン搭載の「XS」とターボエンジンを積んだ「XT」の2種類で、それぞれにFF車と4WD車が用意される。トランスミッションは全車CVTとなる。

価格は、「フレア」が115万1850円(XGのFF車)から138万8100円(XSの4WD車)。「フレアカスタムスタイル」は135万4500円(XSのFF車)から163万4850円(XTの4WD車)。

(webCG)

「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」 拡大
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。 拡大
 
マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売の画像 拡大
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」 拡大
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。 拡大

関連キーワード:
フレア, フレア カスタムスタイル, マツダ, 自動車ニュース

マツダ フレア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが「フレアワゴン」を一部改良 予防安全装備を強化 2020.9.3 自動車ニュース マツダは2020年9月3日、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良し、販売を開始した。同車はマツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。今回は安全装備や機能装備の強化を図っている。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
ホームへ戻る