「マツダ・フレア」にも5MT仕様が登場

2012.12.26 自動車ニュース

軽自動車「マツダ・フレア」に低価格の5MT仕様

マツダは2012年12月26日、軽自動車の「フレア」にアイドリングストップ機構を搭載した5MT仕様を追加し、発売した。

「フレア」はマツダがスズキからOEM調達する「ワゴンR」の姉妹モデルである。

これまでは「スズキ・ワゴンR」「マツダ・フレア」ともCVT仕様のみの設定となっていたが、2012年12月19日に「ワゴンR」に5MT仕様が登場。これを受けて「フレア」にも追加されることとなった。

5MT仕様が追加されるのはベースグレードの「XG」のみ。アイドリングトップ機構の搭載もあり、FF車で25.6km/リッター、4WD車で24.0km/リッターの低燃費を実現している。

価格はFF車が114万1350円、4WD車が125万8950円と、CVT仕様より1万500円安く設定されている。

(webCG)

「マツダ・フレア XG」
「マツダ・フレア XG」 拡大

関連キーワード:
フレア, マツダ, 自動車ニュース

マツダ フレア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダが「フレアワゴン」を一部改良 予防安全装備を強化 2020.9.3 自動車ニュース マツダは2020年9月3日、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良し、販売を開始した。同車はマツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。今回は安全装備や機能装備の強化を図っている。
  • マツダが軽乗用車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジ 2017.12.22 自動車ニュース マツダは2017年12月22日、「フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良し、2018年2月8日に発売すると発表した。スズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム」の姉妹モデルにあたる。
  • トヨタが「ルーミー」をマイナーチェンジ 進化した予防安全機能「スマートアシスト」を搭載 2020.9.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月15日、コンパクトトールワゴン「ルーミー」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。外装デザインを変更したほか、予防安全機能「スマートアシスト」を全車に標準装備している。
  • 「日産スカイライン」で新たなボディーカラーが選択可能に 2020.9.14 自動車ニュース 日産自動車は2020年9月14日、「スカイライン」の一部仕様を変更し発売した。ハイパフォーマンスグレード「400R」に専用車体色「スレートグレー」を追加するなど、新たなカラーリングがセリングポイントとなっている。
ホームへ戻る