「スバル・サンバー・ディアスワゴン」がフルモデルチェンジ(?)

2009.09.04 自動車ニュース

「スバル・サンバー・ディアスワゴン」がフルモデルチェンジ(?)

富士重工業は、軽キャブオーバー型ワゴン「スバル・サンバー・ディアスワゴン」をフルモデルチェンジ。「スバル・ディアスワゴン」と名を改め、2009年9月3日に発売した。

「サンバー・ディアスワゴン」が一新!……かと思いきや、その正体は「ダイハツ・アトレーワゴン」のOEM。2008年4月に発表された、ダイハツとの協力関係によるものである。

そんな新型のコンセプトは、「広大な室内空間と気持ちの良い走りで、あなたの毎日を楽しくする軽ワンボックスワゴン」。
コンパクトなボディでありながら、すべての席で十分くつろげる広さを確保。また、シート表面には肌触りの良いファブリック素材を使用し、内装をアイボリー色とするなど、高い質感を持つ快適な室内空間を実現したと謳われる。

エンジンは、ターボ付きの0.66リッター直列3気筒。10・15モード燃費トルクは、FFが15.2km/リッター、4WDモデルが14.8km/リッター(パワースライドドア装着車は13.4km/リッター)となっている。

「ブルーマイカメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」など全5色のボディカラーでラインナップ。
価格は、「LS」(FR/4AT)の137万250円から「RSリミテッド」(4WD/4AT)の169万5750円まで。

(webCG カタノ)

新型「スバル・ディアスワゴン」。
新型「スバル・ディアスワゴン」。 拡大

フロントにはメッキタイプの大型グリルや、張り出し感を持たせたカラードバンパーを採用。

	フロントにはメッキタイプの大型グリルや、張り出し感を持たせたカラードバンパーを採用。 拡大

全車、プリテンショナー&ロードリミッター付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備。後席にはISO FIX対応チャイルドシート対応構造&デザーアンカーを備える。

	全車、プリテンショナー&ロードリミッター付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備。後席にはISO FIX対応チャイルドシート対応構造&デザーアンカーを備える。 拡大
ディアスワゴンのリアビュー。ちなみに「Dias」(ディアス)はスペイン語で「毎日」「日々」の意。毎日扱いやすいクルマという意味が込められている由。
ディアスワゴンのリアビュー。ちなみに「Dias」(ディアス)はスペイン語で「毎日」「日々」の意。毎日扱いやすいクルマという意味が込められている由。 拡大

関連キーワード:
サンバー ディアスワゴン, スバル, 自動車ニュース

スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る 2012.3.30 エディターから一言 2012年2月をもって生産が終了した、スバルの軽自動車「サンバー」。半世紀以上にわたる、その歴史を振り返る。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • 第35回:ほった家のお家騒動 2020.5.23 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして webCGほったの実家で、マイカーの買い替え騒動がぼっ発! 大食漢の「ダッジ・バイパー」以上に記者を振り回す父の言動。今日の常識をくつがえすような自動車への要望……。小市民のクルマ探しにみる悲喜こもごもを、赤裸々につづる。
  • インディアンFTRラリーに見るアメリカン・モーターサイクルの“いま” 2020.5.15 新時代の旗手 Indian FTR Rallyの魅力と実力<AD> アメリカ最古のバイクブランドにして、ダートトラックレースで圧巻の強さを誇るインディアン。鮮やかな復活を果たした名門のニューモデル「FTRラリー」は、アメリカン・モーターサイクルの新時代を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
ホームへ戻る