「ヒュンダイi30」にワゴン版が登場

2009.06.10 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」にワゴン版が登場

ヒュンダイモータージャパンは2009年6月9日、新型のワゴン「i30cw」(アイサーティcw)を発売した。

「i30cw」は、5ドアハッチバック「i30」のワゴンバージョンだ。ホイールベースを50mmストレッチしたうえで、ボディの外寸も前後に230mm延長。ベースモデルに比べ、後席の居住性と荷室の使い勝手にアドバンテージをもつのがポイントだ。
肝心の荷室は、容量が415〜1395リッター。アンダートレイやDC12V電源ソケットも標準で装備する。

日本に導入されるのは、5ドアハッチバック版と同じく、1.6リッター直4ユニット(121ps/6200rpm、15.6kgm/4200rpm)を積む「1.6GL」と、2リッター版「2.0GLS」(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の二本立て。どちらもレギュラーガソリン仕様で、10・15モードの燃費値は、それぞれ15.2km/リッターと12.8km/リッターだ。

両グレードともに、電動ガラスサンルーフとルーフレール、6つのエアバッグを標準装備。装備面での違いは、ホイールサイズ(15インチと16インチ)のほか、ESP(エレクトリックスタビリティプログラム)、トリップコンピューター、運転席のランバーサポートなどの有無が挙げられる。

価格は、「1.6GL」が193万2000円で、「2.0GLS」が228万9000円。ハッチバック版に比べて、それぞれ15万7500円と21万円高の価格設定となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
i30, ヒュンダイ, 自動車ニュース

ヒュンダイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • パリモーターショー2018(キア/ヒュンダイ) 2018.10.4 画像・写真 韓国のヒュンダイは、パリモーターショーにスタイリッシュな「i30ファストバックN」や「コナ エレクトリック」を出展。キアのブースには「eニロ」と「プロシード」が並んだ。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • ヒュンダイ i30(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2008.4.7 試乗記 ……1905万ウォン(本国価格)
    総合評価……★★★

    既に欧州で好評が伝えられる、ヒュンダイの新型コンパクト「i30」。日本市場への導入が予定される2リッターモデルの実力を試した。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
ホームへ戻る