「ヒュンダイi30」にワゴン版が登場

2009.06.10 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」にワゴン版が登場

ヒュンダイモータージャパンは2009年6月9日、新型のワゴン「i30cw」(アイサーティcw)を発売した。

「i30cw」は、5ドアハッチバック「i30」のワゴンバージョンだ。ホイールベースを50mmストレッチしたうえで、ボディの外寸も前後に230mm延長。ベースモデルに比べ、後席の居住性と荷室の使い勝手にアドバンテージをもつのがポイントだ。
肝心の荷室は、容量が415〜1395リッター。アンダートレイやDC12V電源ソケットも標準で装備する。

日本に導入されるのは、5ドアハッチバック版と同じく、1.6リッター直4ユニット(121ps/6200rpm、15.6kgm/4200rpm)を積む「1.6GL」と、2リッター版「2.0GLS」(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の二本立て。どちらもレギュラーガソリン仕様で、10・15モードの燃費値は、それぞれ15.2km/リッターと12.8km/リッターだ。

両グレードともに、電動ガラスサンルーフとルーフレール、6つのエアバッグを標準装備。装備面での違いは、ホイールサイズ(15インチと16インチ)のほか、ESP(エレクトリックスタビリティプログラム)、トリップコンピューター、運転席のランバーサポートなどの有無が挙げられる。

価格は、「1.6GL」が193万2000円で、「2.0GLS」が228万9000円。ハッチバック版に比べて、それぞれ15万7500円と21万円高の価格設定となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
i30, ヒュンダイ, 自動車ニュース

ヒュンダイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ i30(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2008.4.7 試乗記 ……1905万ウォン(本国価格)
    総合評価……★★★

    既に欧州で好評が伝えられる、ヒュンダイの新型コンパクト「i30」。日本市場への導入が予定される2リッターモデルの実力を試した。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.22 試乗記 新型「ホンダ・ヴェゼル」のトップグレード「e:HEV PLaY」に試乗。個性的なルックスこそ好き嫌いが分かれそうだが、質感が向上した内装や実用性の高さ、EV感覚あふれるハイブリッドシステムなど、進化した2代目は侮れない魅力とポテンシャルを持っていた。
  • ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション【試乗記】 2021.7.31 試乗記 「ボルボXC60」の最上級モデル「リチャージプラグインハイブリッドT8 AWD」に試乗。九州北部のドライブ旅でステアリングを握った筆者は、その上質な走りに大いに感銘を受けたのだった。
  • BMW R nineT(6MT)【レビュー】 2021.7.29 試乗記 レトロでありながらもアグレッシブなスタイリングと、見た目にたがわぬスポーティーな走りで人気を博す「BMW R nineT」。パンチの利いた空油冷ボクサーエンジンを搭載するBMWのロードスターモデルは、大幅改良によってどのような進化を遂げたのか?
ホームへ戻る