「フェラーリ・カリフォルニア」、2360.0万円で発売

2009.03.17 自動車ニュース

「フェラーリ・カリフォルニア」、2360.0万円で発売

フェラーリ・ジャパンは2009年3月17日、フェラーリのFRオープン2シーター「カリフォルニア」の販売価格を発表した。

2008年秋のパリサロンでデビューし、フェラーリ初の直噴V8エンジンやリトラクタブルハードトップ、トランクスルーの採用などで話題をさらった「カリフォルニア」が、いよいよ日本に上陸する。

全長×全幅×全高=4563×1902×1308mmというボディサイズは、「F430」よりひとまわり大きいもの。搭載する4.3リッター直噴V8エンジンは、最高出力460ps/7750rpm、最大トルク49.0kgm/5000rpmを発生する。
ギアボックスは日本仕様には6段MTが用意されず、ツインクラッチ式2ペダル7段MTのみの設定となる。

価格は2360.0万円で、ミドシップ2シーター「F430」の2ペダルMTモデルより、約100万円安いプライスタグを掲げる。デリバリーは2009年初夏を予定しているという。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • 「フェラーリ・ローマ」登場 最高出力620PSのV8ツインターボエンジンを搭載する2+2の新型FRスポーツ 2019.11.14 自動車ニュース フェラーリは2019年11月13日(現地時間)、2+2の新型FRスポーツモデル「ローマ」を発表した。最高出力620PS、最大トルク760N・mの3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載している。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
ホームへ戻る