「スマート」に青/白ツートンの特別仕様車

2012.11.27 自動車ニュース

「スマート・フォーツー」に青/白ツートンの特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2012年11月27日、2人乗りの「スマート・フォーツー」に、特別仕様車「smart fortwo coupe mhd edition iceshine(スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン)」を設定。90台限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は「スマート・フォーツー クーペmhdパッション」をベースに、エクステリアをアズールブルーの専用ボディーカラーとホワイトのパーツでコーディネート。
インテリアは、ブラックを基調にホワイトステッチが施されたシートヒーター付きの専用レザーシートや、ホワイトのアクセントパーツなどが装着される。

価格は189万円。専用装備が多数追加されながらも、ベースモデルの5万円高に抑えられた価格設定となっている。

また同車は、専用ナビゲーションシステム(13万5000円)がプレゼントされる「smartナビ無償プレゼントキャンペーン」(2012年10月11日より実施中)の対象車両となる。

「スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン」の特別装備

<エクステリア>
・ホワイト トリディオンセーフティセル
・専用デザイン ホワイトペイント15インチ3ダブルスポークアルミホイール&ワイドタイヤ
・ボディー同色スタイリングパッケージ(フロントスポイラー、リア&サイドスカート)
・ホワイトドアミラーカバー
・iceshine専用エンブレム

<インテリア>
・専用デザイン ホワイトステッチ入りレザーツインシート(シートヒーター付き)
・ホワイトステッチ入り本革巻き3スポークスポーツステアリング&シフトノブ(パドルシフト付き)
・コックピットクロック&レブカウンター
・ホワイトアクセントパーツ
・グローブボックス
・iceshineロゴ付き専用ベロアマット

(工藤考浩)

「スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン」
「スマート・フォーツー クーペmhdエディション アイスシャイン」 拡大

「スマート」に青/白ツートンの特別仕様車の画像 拡大

関連キーワード:
フォーツー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る