「トヨタbB」がマイナーチェンジ、表情を変えて新色追加

2008.10.07 自動車ニュース

「トヨタbB」がマイナーチェンジ、表情を変えて新色追加

トヨタ自動車は、「bB」をマイナーチェンジし、2008年10月6日に販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装が変更された。

エクステリアは、標準スタイルと、エアロスタイルのデザインを従来より明確に差別化。標準スタイルは、フロントグリルやフロントバンパー、リアコンビネーションランプなどの形状を変更し、シンプルで親しみやすい外観とした。エアロスタイルは、ブロックメッシュのフロントグリルや、新デザインのアルミホイールを採用するなど、個性的で新鮮さを感じさせるデザインにしたという。

インテリアは、全車のシート表皮デザインを変更。標準スタイルではボディカラーによってシート色にベージュが新設定された。また、運転席・助手席のコンビニフックや、助手席シートバックにファスナー付きポケットが備わった。

ボディカラーは、新色「グレイッシュパープルメタリックオパール」「パールホワイトI」「シャンパンゴールドメタリック」を含む、全10色から選択できる。

Zグレードに「Lパッケージ」が追加されたこともニュース。キーフリーシステムや盗難防止システムをはじめ、専用アルミホイール、本革巻きステアリングホイールなどを装備する。

価格は、FFが137.0万円〜172.5万円、4WDは153.8万円〜187.2万円。

(webCG 依田)

「1.5Z“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:ブラックマイカメタリック)(オプション装着車)
「1.5Z“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:ブラックマイカメタリック)(オプション装着車)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:シャンパンゴールドメタリック)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:シャンパンゴールドメタリック)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:グレイッシュパープルメタリックオパール)(オプション装着車)
「1.5Z“Lパッケージ”」(ボディ色:グレイッシュパープルメタリックオパール)(オプション装着車)
「1.3S“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:グレーメタリック)
「1.3S“Aero-Gパッケージ”」(ボディ色:グレーメタリック)

関連キーワード:
bB, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ bB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
ホームへ戻る