「シボレー・カマロ」V6エンジンの出力向上

2012.01.13 自動車ニュース

「シボレー・カマロ」V6エンジンの出力向上

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2011年1月12日、「シボレー・カマロ」にマイナーチェンジを施し、発売した。また、カマロの生誕45周年を記念した限定車も発表。同日販売を開始した。

■パワー、実用性がアップ

今回のマイナーチェンジでは、日本仕様の「LT RSクーペ」と「コンバーチブル」に搭載される3.6リッター直噴V6エンジンに、新設計のシリンダーヘッドなどを採用。約10kgの軽量化と、エンジンの最高出力アップ(308ps→327ps)を果たした。また、インストゥルメントパネルやステアリングホイールのデザインが一新されたほか、パークアシストセンサー付きリアビューカメラ、リアビューモニター付き自動防眩(ぼうげん)ルームミラーの新採用、助手席へのパワーシートの装備、さらに、パフォーマンス・サスペンションの導入(V8モデル)など、大幅な改良が加えられた。

価格は以下の通り
・クーペLT RS(V6):430万円
・クーペSS RS(V8):535万円
・コンバーチブル(V6):499万円

■シボレー・カマロ生誕45周年記念限定車

シボレー カマロ生誕45周年を記念した限定車は、「クーペLT RS(V6)」「カマロ クーペSS RS(V8)」「カマロ コンバーチブル(V6)」のすべてのモデルに用意される。記念限定車の内容は以下の通り。
・専用ボディーカラー(カーボンフラッシュメタリック)
・専用ストライプ(レッド/チャコール)
・20インチ ディープシルバーペインテッドアルミホイール
・45周年記念刺しゅう入りレザーシート
・専用ステッチ入りシート、ヘッドレスト、ステアリングホイール、シフトノブ
・専用エンブレム

価格
・カマロ生誕45周年記念限定車:クーペLT RS:445万円
・カマロ生誕45周年記念限定車:クーペSS RS:550万円
・カマロ生誕45周年記念限定車:コンバーチブル:514万円

(webCG)

「シボレー・カマロ」生誕45周年記念限定車
「シボレー・カマロ」生誕45周年記念限定車 拡大

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー&キャデラックは新型車を大量投入【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.26 自動車ニュース 昨年11月の新型「キャデラック・エスカレード」に続き、年始早々に2台のニューモデルの日本導入を発表したゼネラルモーターズ。シボレーでは話題の新型「コルベット」もいよいよ納車が開始されるという。2021年は飛躍の年となるか? GMジャパンに話を聞いた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
ホームへ戻る