アウディ、「A1」の装備と価格を見直し

2012.01.19 自動車ニュース

アウディ、「A1」の装備と価格を見直し

アウディジャパンは2012年1月19日、コンパクトカー「A1」の装備を見直すとともに価格を変更し、発売した。

今回の見直しでは、これまで全車標準装備としていた、オーディオとHDDナビゲーションを統合した「MMI(マルチメディアインターフェイス)」をオプション設定に変更。ラジオ/CDプレーヤー、6.5インチのモニター、Bluetoothによるハンズフリー通話機能、ボイスコントロール機能等を備えた「MMIベーシック」を標準装備とすることで、これまでより16万円安い価格設定とした。

また、エアコン吹き出し口の「カラードスリーブ」に、新色のハイグロスガーネットレッドを設定。スポーツパッケージ装着モデルの、ステアリングホイールにはシフトパドルが装備される。
さらに、鍵を取り出すことなくドアの開閉やエンジンスタート/ストップ動作ができる「アドバンストキーシステム」をオプションで用意する。

新価格は以下のとおり。
・A1 1.4 TFSI:273万円
・A1 1.4 TFSI スポーツパッケージ:288万円
・A1 1.4 TFSI コンペティションパッケージ:317万円

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
A1, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • MINIの特別仕様車「ピカデリーエディション」登場 専用のレタリングやストライプが目印 2021.2.12 自動車ニュース 「MINI 3ドア/5ドア」の特別仕様車「ピカデリーエディション」が登場。「Piccadilly」のレタリングや専用ストライプ、カタログモデルより充実した装備などを特徴とする特別仕様車で、生産期間は2021年2月末までとなっている。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
ホームへ戻る