マツダ、「CX-5」の生産を開始

2012.01.27 自動車ニュース

マツダ、「CX-5」の生産を開始

マツダは2012年1月26日、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載する新型SUV「CX-5」(海外向け)の生産を、同社の宇品工場で開始したと発表した。なお国内向けは、2月16日に発表されるもよう。

「SKYACTIV-D 2.2」は、尿素SCRやリーンNOxトラップ触媒などの高価な後処理装置を用いずに、日本のポスト新長期規制やヨーロッパのEuro6などの排出ガス規制に適合している。CX-5では18.6km/リッター(FF車のJC08モード値)という燃費を実現しつつ、ガソリンエンジンなら4リッターV8エンジンに匹敵する42.8kgmという力強いトルクを発生する点が売りだ。

マツダは2011年10月、「CX-5から日本市場にクリーンディーゼル車を順次投入する」と発表しており、今後、クリーンディーゼル搭載モデルのさらなるラインナップ拡大も予想される。

(webCG 竹下)

「マツダ CX-5」
「マツダ CX-5」 拡大
新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」
新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」 拡大

関連キーワード:
CX-5, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ2/マツダ6/CX-5/CX-8ブラックトーンエディション 2020.12.3 画像・写真 マツダが「マツダ2」と「マツダ6セダン/ワゴン」「CX-5」「CX-8」に、ブラックとレッドのアクセントが目を引く「ブラックトーンエディション」を設定した。最近のマツダ車には見られなかった、スポーティーないでたちの特別仕様車を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • 息苦しい時代の福音となるか!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」はどんな思いでつくられた? 2021.2.19 デイリーコラム 2021年4月の発売に先立ち、同年2月18日に概要が発表された新型「ホンダ・ヴェゼル」。実績のあるコンパクトSUVでありながら、モデルチェンジで大胆に見た目を変えたのはなぜか? 新型開発にかける思いをキーマンに聞いた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る