スズキ、インドで「スイフトセダン」発売

2012.02.02 自動車ニュース

スズキ、インドで「スイフトセダン」発売

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディアは2012年2月1日、新型「スイフトセダン」(現地名「スイフト ディザイア」)を発売した。

新型「スイフトセダン」は、ハッチバック仕様の「スイフト」とプラットフォームを共用している。搭載されるエンジンは1.3リッターディーゼルと1.2リッターガソリンで、ガソリンモデルには新たにAT車が設定された。燃費が向上しているほか、オーディオスイッチ付きステアリングホイール、フルオートエアコン、運転席および助手席SRSエアバッグ、ABSなど装備品は充実しているが、価格は抑えたという。

インド市場では、「スイフトセダン」は先代型にも設定されていた。コストパフォーマンスに優れたセダンの購入を検討しているエントリー層や、セダンタイプへの乗り換え組に向けて2008年3月に発売され、これまで同国内で30万台以上が販売されてきた。

生産はマルチ・スズキのマネサール工場で行われる。同工場では「スイフト」や「SX4セダン」が生産されている。

(webCG 竹下)

マルチ・スズキ社での「スイフトセダン」発表会
マルチ・スズキ社での「スイフトセダン」発表会 拡大
「スイフトセダン」
「スイフトセダン」 拡大

関連キーワード:
スイフト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スイフト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ 2020.9.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第188回はエリート特急こと愛車の先代「BMW 320d」にトラブルが再発したというハナシ。バッテリーを交換しても症状は改善せず、ついに正規ディーラーの門をたたくことに。その修理代の見積もりは?
  • トヨタ・カローラ ツーリング“2000リミテッド”(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.19 試乗記 「トヨタ・カローラ ツーリング」の限定車“2000リミテッド”に試乗。ベーシックな実用車には過剰ともいえる2リッターエンジンを積む、ある意味で古典的な手法でつくられたスポーツワゴンの仕上がりをリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
ホームへ戻る