光岡ガリューが仕様変更で装備充実

2008.01.15 自動車ニュース

光岡ガリューが仕様変更で装備充実

光岡自動車は、同社のフラッグシップモデル「ガリュー」の仕様変更を行い、2008年1月10日に新型の販売を開始した。

■エンジンが最新のVQ-HR型に

ガリューは、日産フーガをベースに作られる光岡自動車の最上級セダン。今回の仕様変更では、ベースのフーガが2007年12月にマイナーチェンジしたため、それに伴いエンジンや装備、ボディ色などが一部変更を受けた。

主な変更点は、リアバンパーの意匠変更、高出力化と低燃費の両立が図られた新エンジン(VQ35HR、VQ25HR)の搭載、新デザインの18インチアルミホイール採用など。VQ35HR搭載の「350LX」と「350LX 4WD」は、最高出力313ps、最大トルク36.5kgmを発生。VQ25HR搭載の250LXは最高出力223ps、最大トルク26.8kgmを生み出す。

装備面では、HDD式のナビゲーションシステム、運転席・助手席SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグ(350LXに標準)、助手席パワーオットマン(350LXに標準)が標準採用となり、安全・快適性が高められた。

価格は、従来比で18万9000円〜24万1500円高、250LXが516万6000円、350LXは588万円、350LX 4WDは585万9000円に設定された。

(webCG 曽宮)


光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

光岡ガリューが仕様変更で装備充実の画像

関連キーワード:
ガリュー, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ガリュー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • 光岡「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ 2019.1.17 自動車ニュース 光岡自動車は2019年1月17日、コンパクトモデル「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジし、同年1月20日に発売すると発表した。今回のマイナーチェンジでは、人気の高かった外装色の標準化や、内装のメーカーオプション設定を見直している。
  • 宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売 2012.3.9 自動車ニュース 光岡自動車は2012年3月9日、装飾用素材「京都オパール」をエンブレムにあしらった、2種類の特別仕様車「ビュート ジュエル」と「ガリュークラシック ジュエル」を発売した。
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
ホームへ戻る