ホンダの新型燃料電池車「FCXクラリティ」、来夏よりリース開始

2007.11.16 自動車ニュース

ホンダの新型燃料電池車「FCXクラリティ」、来夏よりリース開始

ホンダは、2007年11月16日から一般公開された米ロサンゼルスオートショーで、新型燃料電池車「FCXクラリティ」を発表した。来年の夏にはリース販売が開始される。

「FCXクラリティ」は、2005年の東京モーターショーにホンダが出品した「FCXコンセプト」の市販バージョン。自社の「V Flow FCスタック」技術を用いた、燃料電池車である。

全長×全幅×全高=4835(+115)×1845(−25)×1470(+40)mm(カッコ内は「FCXコンセプト比」)で、車重は1625kg。
4つの座席の間、センタートンネル内に燃料電池スタック(化学反応により電気を作るセルの集合体)を収納。重力を利用して効率的に水素や空気を縦に流す「V Flow(バーチカルガスフロー)セル構造」や水素や空気の流路を波形形状にした「Wave流路セパレーター」などの新技術により、発電効率を向上させた。現行型の「FCX」に比べても重力出力密度で2倍、容積出力密度は2.2倍になったという。
バッテリーも小型化され、床下に配置。ホイールベースを長くとり、パワードライブユニットとギアボックスを一体化することでノーズを短くするなど、居住スペースのゆとりに配慮された。

燃費性能は20%アップし、航続距離が30%向上。走行エネルギー効率は、いわゆるハイブリッド車の約2倍とされる。最高速度は160km/h。-30度の低温で始動できるのもアピールポイントだ。

なお、「FCXクラリティ」という名には「a clear solution to the challenges of the future」(クルマの未来にチャレンジするホンダの明快な解決策となる燃料電池車を創造する)という意味を込めたとのこと。
2008年夏からは、北米の個人客などを対象にリース販売が開始される。

(webCG 関)

「ホンダFCXクラリティ」
「ホンダFCXクラリティ」
インテリア表皮には、植物由来の新素材「ホンダバイオファブリック」が採用された。
インテリア表皮には、植物由来の新素材「ホンダバイオファブリック」が採用された。
【「FCXクラリティ」のスペック】
全長×全幅×全高=4835×1845×1470mm/車重=1625kg/駆動方式=FF/交流同期電動機(100KW(134ps)、26.1kgm)/燃料=高圧水素ガス(タンク容量171L)/エネルギー貯蔵=リチウムイオンバッテリー
【「FCXクラリティ」のスペック】
	全長×全幅×全高=4835×1845×1470mm/車重=1625kg/駆動方式=FF/交流同期電動機(100KW(134ps)、26.1kgm)/燃料=高圧水素ガス(タンク容量171L)/エネルギー貯蔵=リチウムイオンバッテリー

関連キーワード:
FCXクラリティ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2018.8.24 試乗記 ホンダの次世代環境対応車「クラリティ」シリーズに、第3のモデル「クラリティPHEV」が登場。プラグインハイブリッド車としての高い性能を、制約の多いセダンボディーでかなえた同車に、技術オリエンテッドな“ホンダらしさ”を見た。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
ホームへ戻る