【出展車紹介】フェラーリ「430スクーデリア」のほか、“FR”の2車種も注目

フェラーリは今年のフランクフルトモーターショーで初公開された「430スクーデリア」ほか2台を展示する。

■スポーツドライビングを愛する人のために

「F430スクーデリア」は、スポーツドライビングを堪能するために開発されたモデル。車重をF430から約100kg軽減して1250kg(乾燥重量)するとともに、4.3リッターV8ユニットの最高出力は、ノーマルモデルより27ps引き上げられて510ps/8500rpmを発生。馬力あたりの重量は2.45kg/psに軽減されている。このほか、“F1スーパーファスト2ギアボックス”や“E‐Diff2”など、F1マシーンから得たノウハウが惜しみなく投入されている。

430スクーデリアは、久々のホットなV8モデルとして世界中のフェラリスタの熱い視線を集め、日本市場では価格が未定なのにもかかわらず、数日間で300台の予約が入ったと噂される。

このほか、BOSE社にとって初のオリジナルデザインとなる車載用ヘッドユニット“インフォテレマティックシステム”を搭載した、「612スカリエッティ・エンハンスト」と、歴代フェラーリ車の中で最も高出力なV12エンジンを搭載する「599」が並ぶ。

また、会場には、2007年1月から半年にかけて世界約50か国のフェラーリオーナーが参加して行なわれた「フェラーリ60リレー」の記念バトンも展示される。

(別冊単行本編集室 伊東)

「F430スクーデリア」
「F430スクーデリア」 拡大
「612スカリエッティ・エンハンスト」
「612スカリエッティ・エンハンスト」 拡大
「599」
「599」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

612スカリエッティの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る