「ボルボS60」にスポーティーな特別限定車

2012.02.21 自動車ニュース

ボルボのスポーティーな特別限定車「S60 T4 R-DESIGN」発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「ボルボS60」に100台限定の特別仕様車「ボルボS60 T4 R-DESIGN」を設定し、2012年2月21日に発売した。

トルキーな走りと優れた燃費性能の両立をうたう1.6リッターターボの「ボルボS60」に、スポーティーな仕立ての「ボルボS60 T4 R-DESIGN」が追加された。
見どころは専用仕立ての内外装や足まわりで、主な特別装備は以下の通り。

・R-DESIGN専用外装(前後バンパー、グリル、デュアル・スポーツテールパイプ、18インチアルミホイール)
・R-DESIGN専用内装(専用スポーツシート、アルミニウムパネル、専用スポーツステアリングホイール、スポーツペダル)
・専用スポーツサスペンション
・前後強化ブッシュ
・ストラットタワーバー
・デュアルキセノンヘッドランプ
・HDDナビゲーションシステム
・12セグ地上デジタルテレビ

価格は、“素”の1.6リッターモデル「V60 DRIVe」より60万円高の435万円。100台限定で販売される。

「ボルボS60」シリーズには、3リッター直6ターボを搭載する「S60 T6 AWD R-DESIGN」(579万円)も存在し、今回の特別限定車は、それに次ぐ「R-DESIGN」モデルとなる。

(webCG 関)

「ボルボS60 T4 R-DESIGN」
「ボルボS60 T4 R-DESIGN」 拡大

「ボルボS60」にスポーティーな特別限定車の画像 拡大

「ボルボS60」にスポーティーな特別限定車の画像 拡大

関連キーワード:
S60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る