クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)

実力派バイプレーヤー 2020.04.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。

実はアメリカ生まれ

ボルボの新世代モジュラープラットフォーム、すなわち「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」が採用されたモデルとして、登場年次が最も新しいS60シリーズ。日本での発表は2019年11月で、ご承知の通り日本に導入されるS60は全量がアメリカ・サウスカロライナ州にあるチャールストン工場で生産が行われている。

かつてボルボといえばステーションワゴンがメインストリームであり、セダンはどちらかといえば脇役だった。2002年に「XC90」が登場して以降、「XC60」「XC40」とSUVやクロスオーバーモデルのバリエーションも増え、世代を重ねるごとにメインストリームはそのSUV系に移ったかのように見えるが、そうした大きな変化の中にあっても市場のセダンに対するイメージに動きはなかった。いや、むしろボルボに限らず日本ではセダン離れがますます加速し、それは世界的な流れでもあるように思う。

北米でもこうした事情は同様だ。セダンは長きにわたって北米市場での主力ボディータイプだった。しかし、デトロイトスリーの一角であるフォードが2年前(2018年)に本国アメリカでセダン販売からの撤退を表明したように、人気も需要も徐々に下降線をたどりつつある。かつての人気がウソのように売り上げが落ち込んだステーションワゴンやミニバンほど顕著ではないが、その流れは止められそうにない。

ただ、そうした中にあっても、Dセグメントないしプレミアムブランドのセダンは地盤沈下をギリギリのところで免れている。日本のように壊滅的ではないが、以前ほどホットでもない……という背景をおさらいしつつ冒頭に戻れば、そんな市場状況の中でボルボが「地産地消」を目的にS60の生産拠点をアメリカに新設したというニュースは、実にチャレンジングであり、正直、大丈夫か? というのが偽らざる印象だった。

試乗会場に用意されたステーションワゴンの「V60」とセダンの「S60」。前者は2018年9月に、後者は2019年11月に日本導入が発表された。
試乗会場に用意されたステーションワゴンの「V60」とセダンの「S60」。前者は2018年9月に、後者は2019年11月に日本導入が発表された。拡大
2000年にデビューした初代から数え3代目となる最新の「S60」。「V60」と基本的に共通の、ボルボ最新のモジュラープラットフォーム「SPA」やフロントフェイスデザインが採用されている。
2000年にデビューした初代から数え3代目となる最新の「S60」。「V60」と基本的に共通の、ボルボ最新のモジュラープラットフォーム「SPA」やフロントフェイスデザインが採用されている。拡大
日本導入が中止されてしまったボルボのフラッグシップサルーン「S90」の流れをくむテールランプデザインを採用。左右に振り分けられた丸形のテールパイプフィニッシャーは「T4」の専用デザインとなる。
日本導入が中止されてしまったボルボのフラッグシップサルーン「S90」の流れをくむテールランプデザインを採用。左右に振り分けられた丸形のテールパイプフィニッシャーは「T4」の専用デザインとなる。拡大
「S60 T4モメンタム」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm、ホイールベース=2870mm。車重は1680kgと発表されている。
「S60 T4モメンタム」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm、ホイールベース=2870mm。車重は1680kgと発表されている。拡大

彫刻のようなフォルム

日本市場にどっぷりつかっているわれわれにしてみれば、大から小までSUV全盛のこのご時世である。失礼ながらセダンはもはや“オワコン”まっしぐらなのだが、ピンチは逆にチャンスともいえる。このしおしおと萎(しぼ)んでいく市場にあって何らかの存在感が出せれば、ライバルが少ない今こそ反対に光り輝くことができるはずだ。

腐っても(もちろん比喩だ)セダンはクルマの基本形であり、プレミアムブランドではまだまだ重要な役割を担っている。手抜きせず、魅力的なセダンをつくれば、日本市場で長らく続くドイツ3強の寡占状態が崩せるかもしれない。もうそう思ったこの時点で、某テレビ番組よろしく頭の中にはスガシカオの『Progress』が流れるのである。

勝手に脳内でチャレンジングなイメージを紡ぎ出し熱くなってみたものの、目の前にあるT4は失礼を承知で言えばエントリーモデルらしく地味なたたずまいである。なにせホイールが小さい。同じS60でも、ハイパフォーマンスバージョンたる「T8ポールスターエンジニアード」であれば、19インチホイールにタイヤサイズは235/40R19だ。対してこちらは17インチホイールに225/50R17なのでカッコよさでは正直、二歩ぐらい譲る。

しかし、比べて気になるのはそれぐらいである。もちろん、アメリカ生産ゆえの瑕疵(かし)もない。リアウィンドウはそこそこ傾斜しているものの、声高にクーペスタイルを訴えているわけでもないS60は、SUVからセダンまでもがクーペ、クーペと呪文のように唱える昨今のブームに乗らないオーソドックスな3ボックスセダン特有の力強さや、塊からボディーを削り出したような彫刻的とも表現したくなるプロポーションが見どころ。スタイリッシュだと紹介してもいい。フロントセクションは見慣れたボルボの顔だが、SUVやステーションワゴンとは異なりボディー後半のボリュームが削(そ)がれるだけで、同時に軽快感も印象付けられる。

「S60」のボディーカラーは今回の試乗車に採用されていた「バーチライトメタリック」を含め、全13種類が用意されている。
「S60」のボディーカラーは今回の試乗車に採用されていた「バーチライトメタリック」を含め、全13種類が用意されている。拡大
試乗車は「モメンタム」に標準装備される17インチの5ダブルスポークホイール(シルバー)に225/50R17サイズの「ミシュラン・プライマシー4」タイヤが装着されていた。
試乗車は「モメンタム」に標準装備される17インチの5ダブルスポークホイール(シルバー)に225/50R17サイズの「ミシュラン・プライマシー4」タイヤが装着されていた。拡大
インテリアは、先に導入が開始されたステーションワゴン「V60」と基本的に共通。「モメンタム」グレードには、アイアンオレ・アルミニウムと呼ばれる加飾パネルが備わる。
インテリアは、先に導入が開始されたステーションワゴン「V60」と基本的に共通。「モメンタム」グレードには、アイアンオレ・アルミニウムと呼ばれる加飾パネルが備わる。拡大
エンジンのスタート/ストップスイッチの手前に、コンフォート/エコ/ダイナミック/インディビジュアルの4つの走行モードを切り替えられるロータリースイッチが備わる。
エンジンのスタート/ストップスイッチの手前に、コンフォート/エコ/ダイナミック/インディビジュアルの4つの走行モードを切り替えられるロータリースイッチが備わる。拡大

コーナリングがきれいに決まる

T4は17インチの50偏平タイヤを履くこともあって、走りだしてからもその軽快感は継続。同時にボルボというブランドに期待される、まろやかな乗り心地も味わえる。少々荒れた路面でも、それを軽くいなすようにゴツゴツとしたところをまったく感じない。うねりのある路面ではアシがほどよく動き、上下動を適切に吸収。室内が揺すられるようなそぶりも見せない。陸上競技の世界ではナイキの厚底シューズ旋風が巻き起こっているらしいが、アシへの衝撃を緩和しなおかつ反発力を向上させるという触れ込みのそれと同じような感じなのだろうか、と勝手に想像したりする。

ワインディングロードでは、回頭性のよさが引き立った。鼻先が軽く、ステアリング操作に対して忠実に旋回動作に移る。スポーティーと言っては少々大げさかもしれないが、アクセルオフないしブレーキングで荷重を前輪に移動させコーナーに入る、という一連の動作がきれいに決まる。

サイドウオールに「VOL」のマークが入った専用タイヤ「ミシュラン・プライマシー4」は、乗り心地やロードノイズ、そしてハンドリングともにT4と良好なマッチングを見せる。今回の試乗路面はドライに終始したが、過去の経験から言わせてもらえばこのタイヤはウエット性能もなかなかのもので、雨の日でも安心して走ることができた。ちなみにミシュランではあるが、装着タイヤはドイツ工場生産品である。

そうしたT4に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、最高出力190PS/5000rpm、最大トルク300N・m/1400-4000rpmという実力である。これはS60の中で、最も控えめな数値だ。この上には254PSの2リッター直4ターボエンジンを搭載する「T5」や、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーに加え、前後にモーターを組み込むツインエンジンと呼ばれるハイブリッド仕様でシステム最高出力340PSの「T6 Twin Engine」、ハウスチューナーともいうべき立場のポールスターが手がけるシステム最高出力420PSの最強バージョン「T8ポールスターエンジニアード」がラインナップしている。

山岳路での走行シーン。決してパワフルではないが、回頭性に優れたハンドリングが味わえた。チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフは20万円のオプションアイテム。
山岳路での走行シーン。決してパワフルではないが、回頭性に優れたハンドリングが味わえた。チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフは20万円のオプションアイテム。拡大
「S60 T4」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、最高出力190PS/5000rpm、最大トルク300N・m/1400-4000rpmという実力。トランスミッションは8段ATで、シフトセレクターでの手動変速が可能だ。S60は全世界でディーゼルエンジンの設定はない。
「S60 T4」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、最高出力190PS/5000rpm、最大トルク300N・m/1400-4000rpmという実力。トランスミッションは8段ATで、シフトセレクターでの手動変速が可能だ。S60は全世界でディーゼルエンジンの設定はない。拡大
今回の試乗車は、オプションのレザーパッケージが選択されていた。同パッケージには、本革シート/フロントシートヒーター/運転席8ウエイパワーシート/キーレスエントリーが含まれている。
今回の試乗車は、オプションのレザーパッケージが選択されていた。同パッケージには、本革シート/フロントシートヒーター/運転席8ウエイパワーシート/キーレスエントリーが含まれている。拡大
後席背もたれには60:40の分割可倒機構が備わる。シートカラーは「ブロンド」と呼ばれるもの。後席部分のボディー開口部は大きいものではないが、乗り降りのしやすい形状にデザインされている。
後席背もたれには60:40の分割可倒機構が備わる。シートカラーは「ブロンド」と呼ばれるもの。後席部分のボディー開口部は大きいものではないが、乗り降りのしやすい形状にデザインされている。拡大

実直でいいクルマ

前述の数値が示すように、T4のエンジンは当然ながらパワフルではない。しかし、低回転からターボが自然に効き、常用域での扱いやすさは文句なしである。アイドリングの少し上の回転域からピークトルクが続くとされる4000rpmまでは、アクセル操作に対してトルクが自然に、しかも瞬時に湧き出てくるという印象だ。8段ATとの組み合わせも悪くない。それらを総合すれば、日常使いにおいて不満に思うシーンに直面することはほとんどないと評価できる。

ただし、床までアクセルを踏みつけるような場面では、盛大なエンジン音の割にスピード感が乏しい。つまり、アクセル開度に対して期待するほど加速してはくれないのだ。もっとも現実的かつ常識的にアクセルを全開にしたくなる場面が多いとは到底考えられないので、強いて言えば、というハナシである。他のS60に搭載されるエンジンとその走りを知らなければ、T4を特に非力だとは思わない。

ボルボという北欧生まれのブランドとDセグセダンという成り立ち、そして1.7t弱の車重と190PSのパワーというキーワードを並べれば、T4は至極まっとうなパフォーマンスと快適性を披露してくれたとまとめられる。ついでに言えば、後端部が無駄にとがっていないリアドアの形状は開口部が垂直方向にも高く、個人的にはメルセデスの「Cクラス」やBMWの「3シリーズ」のセダンモデルよりも乗り降りがしやすいと思う。後席を頻繁に使うセダンユーザーであれば、歓迎できるはずだ。

世界的なSUVブームにあって関心が薄く、ボルボのラインナップの中でもステーションワゴンの陰に隠れていたセダンは、地味な存在だが実直でいいクルマだと思える。流行のSUVや華やかなスポーツカーばかりが目に留まるが、それだけではきっと世の中は成り立たないしつまらない。映画や舞台で物語に奥深さを出す名脇役のように、目の肥えたクルマ好きをうならせるのは、実はこうしたきちんとつくられたセダンなのかもしれない。

(文=櫻井健一/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

サスペンションは前ダブルウイッシュボーン式、後ろマルチリンク式。上位モデル「T5」には電子制御式サスペンション「FOUR-C」がオプションで装備可能だが、「T4」はオーソドックスな機械式のスプリングとダンパーの組み合わせのみとなる。
サスペンションは前ダブルウイッシュボーン式、後ろマルチリンク式。上位モデル「T5」には電子制御式サスペンション「FOUR-C」がオプションで装備可能だが、「T4」はオーソドックスな機械式のスプリングとダンパーの組み合わせのみとなる。拡大
「S60 T4モメンタム」の荷室容量は422リッター。完全にフラットにはならないが、後席背もたれを倒せば荷室容量を拡大できるほか、長尺物が収容可能なスキーホールも備わる。
「S60 T4モメンタム」の荷室容量は422リッター。完全にフラットにはならないが、後席背もたれを倒せば荷室容量を拡大できるほか、長尺物が収容可能なスキーホールも備わる。拡大
後席左側のバルクヘッドに配置された背もたれを前方に倒すスイッチ。荷室側にも同機能を有すストラップが備わっており、車内と荷室の両方からワンタッチで背もたれを倒せるようになっている。
後席左側のバルクヘッドに配置された背もたれを前方に倒すスイッチ。荷室側にも同機能を有すストラップが備わっており、車内と荷室の両方からワンタッチで背もたれを倒せるようになっている。拡大
「S60 T4モメンタム」のJC08モード燃費値は、12.8km/リッター。燃料はハイオクガソリンで、タンク容量は55リッターとなっている。エントリーモデルであってもボルボ自慢の最新安全装備は、車間警告機能を唯一除き、上級モデルと同様に標準装備されている。
「S60 T4モメンタム」のJC08モード燃費値は、12.8km/リッター。燃料はハイオクガソリンで、タンク容量は55リッターとなっている。エントリーモデルであってもボルボ自慢の最新安全装備は、車間警告機能を唯一除き、上級モデルと同様に標準装備されている。拡大

テスト車のデータ

ボルボS60 T4モメンタム

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
ホイールベース:2870mm
車重:1680kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:190PS(140kW)/5000rpm
最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/1400-4000rpm
タイヤ:(前)225/50R17 98V/(後)225/50R17 98V(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:12.8km/リッター(JC08モード)
価格:489万円/テスト車=565万4000円
オプション装備:メタリックペイント<バーチライトメタリック>(9万2000円)/レザーパッケージ<本革シート、フロントシートヒーター、運転席8ウエイパワーシート、キーレスエントリー[キータグリモコンキー]、ドアハンドル[ボディー同色、グラウンドライト付き]>(41万円)/クライメートパッケージ<ステアリングホイールヒーター、リアシートヒーター、ネットポケット[トンネルコンソール]>(6万2000円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(20万円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:3806km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボS60 T4モメンタム
ボルボS60 T4モメンタム拡大
 
ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ S60 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。