「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様

2007.09.06 自動車ニュース

「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様

三菱自動車工業は、「eKスポーツ」に電動スライドドア採用グレードを追加。2007年9月6日から販売する。

新たに設定された「XS」と「RS」の2グレードに、電動スライドドアが標準装備される。それ以外の装備は、自然吸気エンジンのXSは現行の「X」、ターボエンジンを搭載するRSは「R」に準ずる。

装備されるスライドドアは、2006年9月に追加された「eKワゴン」のスライドドア仕様車と同じく、ドアを閉めた際に、車体外側からドアレールが見えない構造の「インナーレール式電動スライドドア」。車内外のドアハンドルのほか、運転席、センターピラー、リモコンキーの各スイッチでも開閉操作が可能となっている。

価格は、
XS:131万2500円(FF)/143万2200円(4WD)、
RS:141万7500円(FF)/153万7200円(4WD)。

今回のグレード追加に伴って、eKワゴンとeKスポーツ全車に、電動格納式ドアミラーの制御や、セキュリティーアラーム機能、運転席ドア限定アンロックの機能などを備える、電装品の統合制御システム「ETACS」が装備された。

(webCG 依田)

「eKスポーツ RS」
「eKスポーツ RS」
 
「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様の画像
 
「三菱eKスポーツ」にもスライドドア仕様の画像

関連キーワード:
eKスポーツ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 第38回:三菱eKクロス(後編) 2019.6.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る