ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.11.26 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    ミニバンの形態をとりながら、ドアが2枚しかない“クーペ”モデル「アヴァンタイム」。ルノーがリリースした話題作に、webCG記者が試乗した。高い視点でドライブしながら考えたこととは?


  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.12.5 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    「ミニバン」にして「クーペ」であり「カブリオレ」でもある(と謳われる)ルノーの新型車「アヴァンタイム」。この“新種のクルマ”を解釈しようとしてサジを投げてしまった『webCG』記者の短評、を引き継ぐカタチで、昔からのフランス車ファンたるwebCGエグゼクティブディレクターが、アヴァンタイムについて記述する。


  • 「ホンダS2000」の発売20周年を記念した純正アクセサリー発売 2020.2.20 自動車ニュース ホンダアクセスは2020年2月20日、2019年に発売から20周年を迎えた「ホンダS2000」用の純正アクセサリーの予約注文受付を開始した。2020年6月26日に発売する。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
ホームへ戻る